Appleの純正の充電ドック『iPhone Lightning Dock』を購入してみました。

以前レビューをした『iPhone Lightning Dock』と基本的には同じ製品で、素材をアルミにしてカラーバリエーションを加えたものです。

製品名に「iPhone」とありますが、Lightningポートを搭載しているiPod touch(第5・6世代)にも対応しています。

iphone_lightning_dock_rose_gold_1

平らな板からLightningコネクタが突き出たような、とてもシンプルなデザインです。

iphone_lightning_dock_rose_gold_2

カラーバリエーションは、iPhone 6s・6s Plusとマッチする「シルバー」「ゴールド」「スペースグレイ」「ローズゴールド」の4色があります。

iPhone 6sと並べてみると完全に色が一致することから、おそらくこのドックにも同じ素材およびアルマイト加工を施しているのではないでしょうか。

iphone_lightning_dock_rose_gold_3

正面からみたところ。

Lightningコネクタの付け根に、ゴムのような緩衝材(?)があり、デバイス本体がドックにぶつかることはありません。

また、この緩衝材はそれほど大きくないので、通常のケース類であれば、付けたまま置くことができると思います。

iphone_lightning_dock_rose_gold_4

裏面は滑り止めの役割をするゴム(シリコン?)のパッドになっています。

iphone_lightning_dock_rose_gold_5

左はオーディオの出力ポート、中央の穴がLightning(入力)です。

iphone_lightning_dock_rose_gold_6

下のようにLightningケーブル(別売り)を刺して使用します。

iphone_lightning_dock_rose_gold_7

オリジナルの「iPhone Lightning Dock」と比較すると、デザイン・サイズともに全く同じです。

iphone_lightning_dock_rose_gold_9

唯一異なるのは(価格を除いて)、アルミを使っているため約10グラム重いこと。

重いほうが安定感が増すため、メリットと考えることができます。

iphone_lightning_dock_rose_gold_10

「ホワイト」でもとくに違和感を感じることはありませんが、カラー揃えたほうがお洒落な感じがします。

iphone_lightning_dock_rose_gold_11

価格は5,800円(税別)。ホワイトが4,500円(税別)なので、差額は1,300円となります。

Apple純正のためお値段が張るのは仕方ないとして、カラーを揃えることに差額は分の価値を見出せるかどうか、で評価が分かれるアクセサリーかもしれません。

【リンク】 Apple公式サイト – iPhone Lightning Dock

 

iPhone 6s・6s Plusの機種代金・各種割引キャンペーンの詳細は公式サイトをどうぞ。
NTTドコモ オンライン(公式サイト)
・au オンライン (公式サイト)
・SoftBank オンライン (公式サイト)