アップル自らのリークにより、新しいiPadの製品名が「iPad Air 2」と「iPad mini 3」で、両モデルとも「Touch ID」を搭載していることが判明しました。

アップルは、公式のガイド「iPad User Guide For iOS 8」をiTunesで公開していますが、そのスクリーンショットが本日「iOS 8.1」用に更新され、あろうことかその中に新しいiPadの情報が含まれています(現在は修正済)。

一枚目の画像は本体の概要で、新しいiPadの正式な名称がそれぞれ「iPad Air 2」「iPad mini 3」であること、また両モデルとも指紋認証機能「Touch ID」を搭載していることが確認できます。

製品画像が小さいため細部を確認できませんが、デザインは現行モデルとほぼ同じように見受けられます。

apple_reveales_new_ipads_by_mistake_1

2枚目のスクリーンショットは、カメラアプリの解説のページで、本文の中に製品名「iPad Air 2」が含まれており、バーストモードに対応していることが判ります。

… Take Burst shots: (iPad Air 2) Touch and hold the Take Picture button to take rapid-fire photos in bursts (available white in Square or Photo mode). …

apple_reveales_new_ipads_by_mistake_2

「iOS 8.1」はリリースされていないため、ガイドの内容は変更されておらず、なんらかのミスでスクリーンショットのみフライングで更新してしまったようです。

名称およびTouch ID搭載の他に、これまでの噂・情報をまとめると、

  • Apple A8 (Air 2 はA8X)を搭載
  • RAMを2GBに倍増 (Air 2)
  • ゴールド色の追加

といった変更の可能性が高い考えられます。

新しいiPadは、現地時間の10月16日午前10時、日本時間では10月17日午前2時(=16日午後26時)から開催されるイベントでの発表が予想されています。