nanoblock_ipod_speaker_0.jpg

世界最小級ブロック「nanoblock (ナノブロック)」でデコレーションできるスピーカー『nanoblock nanoスピーカー
』を購入してみました。

このスピーカーは、nanoblockの株式会社河田のライセンスを受け、本体上部にnanoblockと同じ「ポッチ」が並び、自由にデコレーションできるのが特徴です。

nanoblock_ipod_speaker_1.jpg

カラーバリエーションは、写真の「イエロー」の他に、「ピンク」「グリーン」「ブラック」「レッド」があります。

本体の他に、ACアダプタ、外部入力用のケーブル、おまけのブロックが付属しています。

nanoblock_ipod_speaker_2.jpg

コンパクトは筐体で、周囲を黒いスポンジでぐるりと囲んだデザインを採用。

このスポンジとブロックと同じような樹脂との組み合わせがチープな印象を醸し出しています。

nanoblock_ipod_speaker_3.jpg

横からみたところ。

奥行きはちょうど20ポッチ分あります。

nanoblock_ipod_speaker_4.jpg

電源はACまたは単三電池3本で駆動。

電池で使用する際は、iPhone・iPodへの充電は行われません。

nanoblock_ipod_speaker_5.jpg

本体上部に後ろに傾斜したドックコネクタを装備。

コネクタに高さがないので、iPhone・iPodをケースから外した状態で使用することが推奨されています。

手前の「nanoblock」と書かれた部分がタッチパネルになっており、右にスライドで音量アップ、逆で音量を下げることができます。

nanoblock_ipod_speaker_6.jpg

電源のボタン・スイッチは無く、ドックにiPhone・iPodを挿すと自動で電源が入ります。

若干みにくいですが、青いLEDの点灯が電源オンの目印。

nanoblock_ipod_speaker_7.jpg

おまけのブロックを載せてみたところ。

このサイズのスピーカーに音質を求めるのも酷ですが、予想したとおり低音がほとんど鳴らず、性能も「nano」といった印象を受けます。

nanoblock_ipod_speaker_10.jpg

別売りの『ミーアキャット
』と『イースター島のモアイ像
』でデコレーションしてみたところ。

nanoblockのコレクションがある人は、ディスプレイ台として使えて楽しいと思います。

nanoblock_ipod_speaker_0.jpg

全体的に漂うチープ感と音質からすると、スピーカーとしての価値は価格の半分程度、といったところでしょうか。

つまり「nanoblockでデコれる」という機能に、残りの半分の価値を見出すことができるnanoblockのファン、またはそのような人へのプレゼント向きのアイテムといえるかもしれません。

製品名 nanoblock nanoスピーカー
販売 TACKLE PLANNING
ショップ アマゾン 楽天市場
サイズ 80 x 203 x 82 (mm)
対応機種 iPod touch・iPhone
参考価格 7,854 円 (税込)