SelfieX App Store』は、iPhoneの背面カメラ(iSightカメラ)を使った自撮り専用のカメラです。

自撮りにiSightカメラを使う理由

iPhoneには、背面の「iSightカメラ」と画面側の「FaceTimeカメラ」、の2つのカメラが搭載されています。

FaceTimeカメラは、画面で自分を確認できるので自撮りに便利ですが、

  • iSightカメラと比較して画質が悪い
  • フラッシュが使えない (6s・6s+は除く)

というデメリットがあります。

カメラ画質については、例えばiPhone 6の場合、iSightが8.0MPなのに対し、FaceTimeは1.2MPしかなく、画素数だけをとっても見劣りします。

iSightカメラでの自撮りを可能にする「SelfieX」

セルフィーをより綺麗に撮りたい、またはフラッシュを使いたい、という要望に応えるのがこのアプリです。

アプリを起動してiSightカメラを自分に向けると、顔の認識およびピントの調整を開始します。

ファインダーから外れている時は「I can’t see you. (見えません)」、位置がずれている場合は「Left(左)」「Down(下)」など、音声によって調整する方向を指示。

ぴったり合ったときに「Say cheese!」といってから、シャッターを切ってくれます。

もちろんフラッシュのオン・オフもできます。

app_photo_selfiex_1

撮影した画像は、その場で輝度・色調・彩度の調節、およびクロップといった簡易編集が可能。

さらに上級テクとして、顔を認識する黄色い枠を移動すると、物や背景とセルフィーを撮影できます。

また、音声でガイドしてくれるので、視覚障害の方がポートレートを撮影するときにも使えるかもしれません。

無料ですので、セルフィーをよく撮る方はお試しを。

SelfieX – Automatic Back Camera Selfie App Store
写真/ビデオ:3.5 MB
価格:無料
開発:Vito Technology Inc.