アップルが、話題となっている「A9」チップの製造元による性能に違いについて、公式なコメントを発表したと報じられています。

iPhone 6s・6s Plusに搭載されている「Apple A9」プロセッサーは、韓国のSamsungと台湾のTSMCの2社が供給していることが知られています。

ここ数日、メーカーによってiPhone 6s・6s Plusのバッテリー性能が異なることが指摘されており、複数のテストによってTSMC製がサムスン製よりも優れていると報告されています。

Arts Technicaの記事よると、この件に関してアップルから以下のようなコメントが得られたとのこと(抄訳):

” …Our testing and customer data show the actual battery life of the iPhone 6s and iPhone 6s Plus, even taking into account variable component differences, vary within just 2-3% of each other….

試験およびユーザーのデータによるiPhone 6とiPhone 6s Plusの実際のバッテリー性能は、チップの(メーカーによる)違いを考慮しても、2〜3%程度の差に収まる”

また、ネット上で報じられている様々なテスト結果について、次のようにコメント

” … Certain manufactured lab tests which run the processors with a continuous heavy workload until the battery depletes are not representative of real-world usage, since they spend an unrealistic amount of time at the highest CPU performance state. It’s a misleading way to measure real-world battery life

… バッテリーが無くなるまでCPUに高い負荷をかけ続けるテストは、長時間CPUを現実的ではない状態に置くことになり、実世界での性能を表していることにならない。これは実世界でのバッテリー性能を計測するうえで、誤解を招く方法だ …

としています。

例えが良いかわかりませんが、

“自動車の燃費を比較する際に、最高速度で走り続ける試験だけ行っても、実生活での燃費性能の違いの参考にならない”

ということでしょうか。

しかしながら、ユーザーとしては、同じ価格を支払っている以上、購入前に知ることができない要因で性能が異なるというのは、納得し難いものです。

仮に違いが本当に「2〜3%」だとしても、アップルは通常のばらつきの範囲内と主張し、ユーザーはその分損をしていると感じるため、両者に大きな隔たりが生じるのはやむを得ません。

今回のコメントで問題が収束するとは思われず、アップルは今後、より詳細かつ説得力のある説明を行う必要が出てくるかもしれません。

お手元のiPhone 6s・6s Plusのチップは、こちらの方法で調べることができます。