オンラインで予約していた「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」が届いたので、さっそく開封してみました。

iPhoneは2年置きにデザインが変更され、今年はその狭間の「s」モデルにあたり、基本的に外観に変化はありません。

しかしながら、細かい違いもあることはあるので、その辺りに注目してみたいと思います。

iphone6s_rosegold_photo_review_00

昨年のiPhone 6のパッケージは無地でしたが 、今年は「金魚?」をテーマにしたカラフルな絵柄が使われています。

iphone6s_rosegold_photo_review_01

注文したのは新色の「ローズゴールド」。

iphone6s_rosegold_photo_review_02

付属品の構成に変化はみられません。

iphone6s_rosegold_photo_review_06

ローズゴールドは、アップルの予想を上回る人気のようで、4色の中で真っ先に予約分が完売となりました。

iphone6s_rosegold_photo_review_03

レンズカバーを保護している金属製のリングも同じ色で、俗に「Dライン」と呼ばれている線はホワイトです。

iphone6s_rosegold_photo_review_04

シルバーのiPhone 6と並べてみると、「Dライン」の色の違いがわかります。

個体差があるのかもしれませんが、iPhone 6sの方は、振ってみると「カタカタ」という小さな音がします。

iPhone 6s Plusでも同様なので、新しい「Taptic Engine」によるものかもしれません。

iphone6s_rosegold_photo_review_08

外見で「iPhone 6」と判別できる箇所が、「iPhone」ロゴの下の「S」というマーク。

ローズゴールドは見て直ぐiPhone 6s・6s Plusと判りますが、ゴールド・シルバー・スペースグレイの場合は、ここを見れば区別できます。

また、事前の情報では「FCC」などの認証マークが消えるとされていましたが、しっかりと刻印されていました。

iphone6s_rosegold_photo_review_05

本体の下の部分に、デザイン上の変更はとくにみられません。

もちろん、ネジに至るまでカラーは統一されています。

iphone6s_rosegold_photo_review_09

カラーの統一はホームボタンのリングも然り。

見た目は変わっていませんが、「Touch ID」は第2世代となり、認識速度が2倍になっているとのこと。

iphone6s_rosegold_photo_review_10

「ローズゴールド」の色味ですが、実物をみると、はじめは「ピンク」に見えますが、次第に「カッパー(銅)」が混じっているにも見えてきます。

iphone6s_rosegold_photo_review_11

カメラのレンズカバーは、iPhone 6s Plusの方が大きいようにみえます。

iphone6s_rosegold_photo_review_12

外からはみえませんが、SIMトレイのデザインが微妙に変わっています。

iphone6s_rosegold_photo_review_13

これは、iPhone 6までは本体裏に刻印されていたIMEI(端末の識別番号)を、SIMトレイに移したためのようです。

同色の複数の端末を持っている人は、SIMトレイを入れ違えないように注意する必要があります。

iphone6s_rosegold_photo_review_14

最後に、14グラム増えたといわれている重さを計ってみました。

実測値は142.8グラム。

スペックは143グラムなので、ほぼ誤差の範囲内というところでしょうか。

iphone6s_rosegold_photo_review_15

後編では、肝心の中身の違い・新しい機能をみていきたいと思います。

iPhone 6s・6s Plusの機種代金・各種割引キャンペーンの詳細は公式サイトをどうぞ。
NTTドコモ オンライン(公式サイト)
・au オンライン (公式サイト)
・SoftBank オンライン (公式サイト)