アップルが、本日未明に開催されたイベントで、新しい「iPhone 6s・6s Plus」を発表しました。

昨年のモデルと同様に、4.7および5.5インチのRetinaディスプレイを搭載した2サイズのラインナップです。

iphone6s_6splus_details_05

バックパネルにApple Watch Sportと同じ7000系アルミニウムを採用し、新色「ローズカラー」を追加。

この色はApple Watch Sportにも追加されています。

iphone6s_6splus_details_04

従来のカラーバリエーションに加えて全4色となります。

iphone6s_6splus_details_06

本体カラーに合わせた、アルミニウム製のユニバーサルドックも用意。

iphone6s_6splus_details_25

ディスプレイには、新技術「3D Touch」が搭載されています。

iphone6s_6splus_details_07

これまでのマルチタッチ・ジェスチャーに加え、新たに「Peek」と「Pop」を追加。

iphone6s_6splus_details_08

画面に加えた圧力を感知して、タッチとPeek・Popを区別する仕組みになっています。

iphone6s_6splus_details_09

画面からのフィードバックには、これまでのバイブレーション・モーターに代わり、素早く短い時間の振動を実現するTapticエンジンを採用。

iphone6s_6splus_details_10

頭脳となるプロセッサーには、64bビット化されて3代目となる「Apple A9」チップを搭載。

iphone6s_6splus_details_11

前世代と比較して、処理速度が最大70%向上。

デスクトップ並みの速度を実現しています。

iphone6s_6splus_details_12

グラフィックは最大で90%向上。こちらもコンソール並みの性能。

iphone6s_6splus_details_13

指紋認証機能「Touch ID」 は第2世代となり、処理速度が2倍になっているとのこと。
iphone6s_6splus_details_15

iSightカメラは12メガピクセルのセンサーを採用。

ビデオは4Kに対応しています。

iphone6s_6splus_details_16

画素数の増加による画質の低下を防ぐため、新しい技術が使われているとのこと。

iphone6s_6splus_details_17

FaceTimeカメラも大幅に画素数が増加。

iphone6s_6splus_details_18

興味深いのは、画面をフラッシュの代わりとして使うという機能。

iphone6s_6splus_details_19

フラッシュとしての光量を確保するため、画面を最大で3倍明るくするためのカスタムチップが採用されています。

iphone6s_6splus_details_20

また、「Live Phots」という写真の進化版のような技術を開発。

iphone6s_6splus_details_21

通常どおりに撮影するだけで、シャッターの前後1.5秒間の動画を自動で撮影。

写真を閲覧する際に躍動感を加えてくれます。

iphone6s_6splus_details_22

新たなフォーマットのため、現時点では「Live Photos」に対応したAppleデバイスでのみ利用できます。

APIが用意されているので、他のプラットフォームでの対応も可能とのこと。

iphone6s_6splus_details_23

また、モーション・コプロセッサー「M9」の新機能により、「Hey Siri」を常時利用可能になっています。

iphone6s_6splus_details_14

LTEおよびWi-Fiは、最大で従来の2倍の速度となっています。

iphone6s_6splus_details_24

「唯一変わったのは、そのすべて。」というキャッチコピーのとおり、あらゆる面で改良または新技術が導入されています。

1年間でこれだけの進化を遂げたことは驚きです。

iphone6s_6splus_details_03

発売は日本を含む12ヵ国から始まります。

iphone6s_6splus_details_28

予約開始は9月12日、発売は9月25日が予定されています。

「iPhone 6s・6 Plus」の料金プラン・予約方法などは各キャリアの公式サイトからどうぞ:
・NTTドコモ オンライン(公式サイト)
・au オンライン (公式サイト)
・SoftBank オンライン (公式サイト)