iPhone 6 (仮称)とされるデバイスを撮影した高画質の動画(上)が公開されています。

動画はロシアのガジェット系YouTuber・Rozetkedによるもので、限りなく本物に近いと思われるiPhone 6が映っています。

下はiPhone 6(左)とiPhone 5s(右)を並べて比較しているところ。

iphone6_leak_from_russia_with_love_1

カラーは「スペースグレイ」で、iPhone 5sのそれとほぼ同じようです。

iphone6_leak_from_russia_with_love_2

これがモックアップではないという証拠として、ディスプレイを外して内部の様子も撮影。

iphone6_leak_from_russia_with_love_3

全てのパーツは揃っていないものの、使われているパーツは本物とみて間違いなさそうです。

iphone6_leak_from_russia_with_love_4

これまで報道されてきたとおり、iPhone 6(右)は画面サイズを拡大しながらも、厚さにおいてはより薄さを追求する模様。

iphone6_leak_from_russia_with_love_5

薄型化の副作用なのか、カメラモジュールが第5世代のiPod touchのように突出しています。

フラッシュは、縦長のデザインから以前のような丸形に戻っています。

内部に2種類のLEDが内蔵されていることが確認されており、「True Tone」機能は損なわれていないとのこと。

iphone6_leak_from_russia_with_love_6

アップルのロゴは、別の金属パーツがはめ込まれているとのこと。

傷に強い素材が使われており、「Liquid Metal」の可能性が高いようです。

iphone6_leak_from_russia_with_love_7

動画によれば、画面の保護にサファイア・ガラスは使われておらず、なんらかのガラス素材が採用されているとのこと。

iphone6_leak_from_russia_with_love_8

プラスチック製のモックアップとは異なり、やはり実物(?)のクオリティは高く、かなり魅力的な印象を受けます。

iPhone 6は9月9日(日本時間翌10日早朝)に発表されると予想されています。

【関連記事】アップル、9月9日にメディア向けイベントを開催〜iPhone 6・iWatchを発表へ