パワーサポートが販売しているiPhone 6用バンパー『Arc bumper set for iPhone 6』を購入、試してみました。

iPhoneを保護するアクセサリーは多岐に渡りますが、この「バンパー」は側面のみを守るというタイ。

液晶面や背面は丸出しになるものの、最もキズが付きやすい側面に保護を限定することで、iPhone本来のデザイン・サイズ・重さに近い状態で使えるとうメリットがあります。

パッケージの内容は、バンパー本体のほかに、アンチフィンガープリントのクリスタルフィルムと超極細繊維クリーナークロスが付属しています。

powersupport_arc_bumper_iphone6_1

製品名に「Arc (弧形)」とあるとおり、このバンパーの最大の特徴は、iPhone 6のラウンド形状に合わせたデザインを採用しているところ。

内側は柔らかいエラストマー、外側は丈夫なポリカーボネートという2重構造になっています。

powersupport_arc_bumper_iphone6_2

iPhone 6に装着したところ。

かなりタイトな作りで、思った以上に力を入れないとセットできませんが、「緩いバンパー」は外れる心配があるため、固いくらいのほうが安心感があります。

powersupport_arc_bumper_iphone6_3

裏側からみたところ。

当然ながらバックパネルは保護されていません。

しかしながら、バンパーのフチが僅かに高くなっているので、デスク等の平らな場所に置いてもiPhoneの本体が触れることはありません。

powersupport_arc_bumper_iphone6_4

フロント面も然り。

通知を見られたくないのか、画面を下にして置く人を見かけますが、その場合でもキズが付くのを防いでくれます。

付属のフィルムを貼っておけば、さらに保護性能が高まります。

スイッチ・ボタン類の使い勝手も問題ありません。

powersupport_arc_bumper_iphone6_5

iPhone 6のカメラレンズ(カバー)は本体より僅かに突出しおり、チャームポイントであると同時に、キズやダメージが心配になるところでもあります。

このバンパーを装着するとフチとカメラがほぼフラットになり、裸で置いたときの「カメラが脚になっている感」がありません。

powersupport_arc_bumper_iphone6_6

本体下の部分。

コネクタ類とスピーカー周りも丁寧に造られているようです。

powersupport_arc_bumper_iphone6_7

Apple純正のケーブルを接続したところ。

Lightningコネクタの周囲に余裕がありますが、極端に大きなコネクタのケーブルは干渉する恐れがあります。

powersupport_arc_bumper_iphone6_8

重さを計ってみたところ、ちょうど6グラムでした。

iPhoneに追加される重量を気にせず使える範囲だと思います。

powersupport_arc_bumper_iphone6_9

バンパーといえども、iPhoneを守るために使う以上は、やはりその保護性能が気になるところです。

しっかりとした作りなので、一般的な使用でのキズ・凹みなどに対してはかなり効果があると思います。

一方で耐衝撃性を謳っているわけではなく、不意の落下等に関しては保証されていません。

もちろん裸で使うよりは、遥かに破損のリスクを軽減できるはずですが。

powersupport_arc_bumper_iphone6_10

価格はiPhone 6用が3,480円、iPhone 6 Plus用が3,680円となっています(税込)。

「ゴールド」「シルバー」「ダークグレー」の3色があるので、お手持ちのiPhoneに合ったカラーをどうぞ。