Blendtec社が、新型iPhoneをミキサーで粉砕する、恒例の実験動画を公開しています。

同社が公開する動画シリーズ「Wii it blend? (ミキサーで混ざるのか?)」は、自社のミキサー(ブレンダー)の性能・強度をPRするために公開しているものです。

とくにiPhoneは、新しいモデルの発売後に必ず公開されるため、いまや恒例の行事となっている感があります。

実験は、社長のTom Dickson氏が自ら行うが習わし。

iphone6plus_blendtec_1

今回は発売されたばかりの「iPhone 6 Plus」と、それにマネされたと主張しているSamsungの「Galaxy Note 3」の2つを用意。

iphone6plus_blendtec_3

同社のミキサー(筆者も愛用しています)は、ジュース・スープ・スムージーなど、予めプログラムされたボタンが用意されているのが特徴。

実験動画では、これをもじって架空のボタンを押すのが恒例となっています。

今回は、iPhone 6 Plusには「Newton」ボタンを、Galaxy Note 3は「Who is copying who? (どっちがどっちをマネした?)」ボタンを使用するとのこと。

iphone6plus_blendtec_2

ここからはスーパースロー再生で、粉々になる様子を観察できます。

iphone6plus_blendtec_4

自社のミキサーの威力を見せつけ、ご満悦な表情の社長。

iphone6plus_blendtec_5

フタを開ける際に、巻き上がるホコリについてコメントするのも恒例。

今回は「Phablet smoke!(ファブレット・スモーク)」でした。

iphone6plus_blendtec_6

近年、新しいiPhoneを破壊する様々な動画をみかけるようになりましたが、同社のものは歴史があり、また様式美すら感じられます。

実際の動画はページのトップで、過去の動画は下の関連記事からどうぞ。