iPhone 5・5s用のアルミ製バンパー『Trigger Bumper case by 4thdesign』を購入してみました。

一万円に手が届きそうな価格帯のバンパーにしては、かなり簡素なパッケージに入っています。

豪華に見せるためにパッケージにコストをかけるよりは中身にお金をかけて貰った方がよいですし、省資源・ゴミ削減といった観点からも歓迎したいところ。

4thdesign_trigger_bumper_iphone5_1

バンパー本体に液晶保護フィルムが付属。

カラーおよび表面加工の種類により、3つのモデルが販売されています:

  • Silver
  • Titanium Gray (今回購入したモデル)
  • Trigger Tactial Edition

4thdesign_trigger_bumper_iphone5_2

アルミ削り出しのバンパーは他にもありますが、この製品の最大の特徴は、ボタン類およびネジによる着脱に他にはないギミックが搭載されているところ。

4thdesign_trigger_bumper_iphone5_3

バンパーを内側からみたところ。

ボリュームボタンは、外から押すと内部にそのまま力が加わる仕組み。

サウンドオン・オフのスイッチ用の金具には溝が彫られており、外部からスライドできるようになっています。

また、バンパーの内側には、iPhoneへの衝撃・キズを防ぐウレタンのようなパッドが貼られています。

4thdesign_trigger_bumper_iphone5_4

iPhoneを装着する際には、バンパーの金具と噛み合うように、サウンドスイッチを「オフ」にしておく必要があります。

4thdesign_trigger_bumper_iphone5_5

ネジを回して緩めると、ヒンジ構造になったパーツを開くことができます。

iPhone 5・5sは、バンパーの上から滑り込ませるように入れます。

4thdesign_trigger_bumper_iphone5_6

切削加工の精度は高く、ネジ穴を潰してしまうような不安を覚えることもなく、またネジを締めたときの感触もしっかりとしています。

4thdesign_trigger_bumper_iphone5_7

iPhone 5(スレート)に装着してみたところ。

見た通りかなりゴツいイメージになります。

4thdesign_trigger_bumper_iphone5_8

横からみたところ。

バンパーは画面と背面がむき出しになってしまいますが、iPhoneより厚く若干せり出しているので、テーブルなどに置いて直接触れることはありません。

4thdesign_trigger_bumper_iphone5_9

パワー・スリープボタンの周辺。

若干の押しにくさはありますが、問題ないレベルだと思います。

4thdesign_trigger_bumper_iphone5_10

アップル純正のLightningコネクタを挿してみたところ。

周囲にまだ余裕があるので、ある程度までなら非純正の一回り大きなコネクタでも使えそうです。

4thdesign_trigger_bumper_iphone5_11

iPhone 5s(ゴールド)に装着してみたところ。

ホワイトのフロントパネルには「シルバー」の方がマッチするかも知れません。

4thdesign_trigger_bumper_iphone5_12

その他の画像は下のギャラリーでどうぞ(タップまたはマウスオーバーでコントローラが表示されます)。

スライドショーには JavaScript が必要です。

価格は8,980円〜9,980円(税込)。粗悪な偽物も出回っているようなので注意が必要です。

無駄にゴツいので好き嫌いが別れる製品だと思いますが、メタル感が好きな人には魅力的なバンパーではないでしょうか。