iPhone 5専用のアルミ製バンパー『SWORD RED ALERT』を購入、試してみました。

このバンパーは、以前レビューを掲載した『SWORD5』に改良を加えた新モデルです。

【関連記事】レビュー:手に馴染むデザインのiPhone 5用アルミ製バンパー『SWORD5』

主な改良点は次のとおり:

  • ボリューム・サウンドスイッチの操作性を向上
  • 3分割保護フィルムを採
  • Lighitningコネクタの周囲を拡大
  • スペアネジを収納できるドライバが付属

sword_red_alert_iphone5_review_1.jpg

バンパーは2つのピースで構成されています。

内側は、iPhone本体との接触を防ぐための薄いウレタンのような素材が、ほぼ全周に渡って貼られています。

sword_red_alert_iphone5_review_2.jpg

上のパーツにiPhone 5をスライドさせ、下のパーツをはめてネジで留めます。

ドライバーの中にスペアのネジが一本収納されており、万一失くしても大丈夫という安心感があります。

sword_red_alert_iphone5_review_3.jpg

前モデルの『SWORD5』のボリューム・サウンドスイッチ部分は、単にくり抜かれただけで若干操作しづらいことがありましたが、今回は独立したボタンとスイッチが追加されています。

サウンド・スイッチに貼られている赤いタブは、iPhone 5を装着した後に剥がすと、落ちてしまうという失敗がありません。

sword_red_alert_iphone5_review_5.jpg

バンパーの厚みはiPhone 5とほぼ同じで、画面側は完全にフラット。背面も僅かにバンパーが出ている程度です。

sword_red_alert_iphone5_review_4.jpg

側面にあるロゴは控えめで、光の当たり具合でやっと見える程度です。

日本ではあまり必要のないSIMのスロットには、カバーがしてあります(外すことも可能)。

sword_red_alert_iphone5_review_6.jpg

本体下の部分。

Lightningコネクタ・イヤフォンジャックを妨げないように、金属バンパーにしては比較大きめに作られているようです。

sword_red_alert_iphone5_review_7.jpg

実際『SWORD5』では使えなかったアップル純正の『Lightning to Micro USB アダプタ』が問題なく使用できました。

【関連記事】レビュー:マイクロUSB端子をライトニングに変換する便利アイテム『Apple Lightning to Micro USB Adapter』

とはいえサイズにも限りがあるので、極端に端子が大きなサードパーティ製のケーブルなどは、干渉するケースがありそうです。

sword_red_alert_iphone5_review_8.jpg

背面の保護フィルムは、iPhone 5のガラスとアルミそれぞれに別れた3分割タイプ。

キレイに貼るには技術が必要となりそうです。

sword_red_alert_iphone5_review_9.jpg

重さは約12.5グラムで、手に持っても重量が増した感じはほとんどありません。

sword_red_alert_iphone5_review_10.jpg

価格は4,980円(税込)で、全5色のカラーバリエーションがあります。

メタルバンパーに興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。