sony_cycleenergy_CP-F2L5AVP_0.jpg

ソニーのモバイルバッテリー『SONY CP-F2LSAVP
』を購入、試してみました。

USB出力付きのモバイルバッテリーはこのところ大容量化・低価格化が進み、10,000mAhで3,000円以下の製品が当たり前になってきました。

当サイトでもそのようなバッテリーをいくつかレビューしていますが、

  • 安全性はどうなのか
  • 携帯するには大き過ぎる・重すぎる

といったコメントを頂くことも少なくありません。

そこで、上記2点をクリアしそうな『SONY CP-F2LSAVP
』を購入してみました。

主な特徴は次のとおり:

  • 薄型ながら7,000mAhの大容量
  • ソニー製リチウムイオン電池を採用
  • iPadの高速充電も可能な最大2.1Aの出力
  • 2ポートの出力で2台同時に充電
  • アルミボディの高級感のあるデザイン
  • ACアダプター付属
  • 1年間のメーカー保証

sony_cycleenergy_CP-F2L5AVP_1.jpg

パッケージには、バッテリー本体・USB-microUSBケーブル・ACアダプターが含まれています。

安価なバッテリーの多くはACアダプターが付属しておらず、コンセントから充電する場合は別途用意する必要があります。

sony_cycleenergy_CP-F2L5AVP_2.jpg

付属のケーブルでバッテリーを充電しているところ。

充電中はオレンジのLEDが点灯し、満充電になると消灯します。

このLEDは残量計も兼ねており、ボタンを押すと点滅の回数で残りが分るようになっています。

スペックによると充電時間は、付属のACアダプターで約7.5時間、標準的なUSBポートで約15時間とのこと。

sony_cycleenergy_CP-F2L5AVP_3.jpg

充電性能を簡単にテストしてみました。

完全に放電したiPhone 5をフル充電する実験を行ったところ、3回+10%行うことができました。

約5回フル充電できる10,000mAh級のバッテリーと比べると非力ですが、1日で使うには十分な容量かもしれません。

sony_cycleenergy_CP-F2L5AVP_4.jpg

容量が異なるため比較対象にならないかもしれませんが、先日レビューを掲載した10,400mAhのバッテリーと並べてみました。

【参考記事】レビュー:実売2,980円:人気の大容量バッテリーの後継モデル『cheero Power Plus 2』

「大は小を兼ねる」といいますが、ふだん持ち歩くとなるとこの厚さ・重さが結構響いてきます。

5回も使わないのであれば、余計な容量(=重さ)を携帯していることにもなります。

sony_cycleenergy_CP-F2L5AVP_5.jpg

iPad miniで充電のテストをしてみたところ、丸1回+α充電することができました。

出力は2ポート合計最大2.1Aで、2台のデバイスを同時に充電することが可能です。

sony_cycleenergy_CP-F2L5AVP_6.jpg

最近はあまり聞かなくなりましたが、リチウムイオン電池は稀に事故がニュースになることがあります。

バッテリーを選ぶ際は、サポート体制や保証の有無、購入者のレビューなどを参考に、粗悪品を掴まないように注意したいものです。

この製品は実売5,200円(税込)と若干高めですが、ソニー製のリチウムイオン電池を採用していること、規定の出力を超えると給電を止める安全装置もあり、アマゾンのレビューでも高く評価されているようです。

携帯性および安心を重視する方は、検討してみてはいかがでしょうか。