flat_bumper_for_iphone5_0.jpg

パワーサポートから発売されたiPhone 5用バンパー『フラットバンパーセット for iPhone 5
』を購入、試してみました。

このバンパーの特徴をまとめると、

  • ボタンの出っ張りがないスッキリとしたデザイン
  • エラストマーとポリカーボネートの2重構造
  • 単体販売で定評のある2種類の液晶保護フィルム
  • 衝撃吸収効果のある背面用フィルム
  • 日本製

などがあります。

カラーバリエーションは3種類あり、今回は「ブラック」「シルバー&ホワイト」を購入。他に「シルバー&ブラック」があります。

flat_bumper_for_iphone5_1.jpg

パッケージの内容は次のとおり:

  • フラットバンパー本体
  • 液晶画面用:AFP クリスタルフィルム
  • 液晶画面用:アンチグレアフィルム
  • 背面用保護フィルム
  • 超極細繊維クリーナークロス
  • 電源ボタン部調節シールx5

液晶保護フィルムは、位置ずれの心配がない特殊な剥離フィルムを採用したもので、単体でも販売されています。

詳細は以前掲載したレビューをどうぞ:

レビュー:AFPクリスタルフィルムfor iPhone 5

レビュー:アンチグレアフィルム for iPhone 5

flat_bumper_for_iphone5_2.jpg

バンパー本体は、内側が弾性のあるエラストマー素材、外側はポリカーボネートの2重構造を採用。

内側で衝撃を吸収し、外側でキズから守るという仕組みです。

flat_bumper_for_iphone5_3.jpg

「ブラック」をiPhone 5に装着したところ。

ボタンの出っ張りがないスッキリとしたデザインで、バンパーが主張しすぎず、違和感も感じさせません。

flat_bumper_for_iphone5_4.jpg

内側のエラストマー素材はブラックですが、よく見ると外側のポリカーボネートはiPhone 5の「スレート」風の着色が施されており、デバイスとよくマッチしています。

flat_bumper_for_iphone5_5.jpg

本体上部のスリープ・パワーボタンも出っ張りがありません。

ボタン類は若干強めに押す必要があるものの、慣れてしまえば気にならない程度。

ボタンの内側に貼る調整用シールが付属しているので、押し心地に不満がある場合でもアジャストできます。

flat_bumper_for_iphone5_6.jpg

本体下の部分は、マイク・スピーカーのグリルの穴まで一致させた精度の高い造り。

イヤフォンは6.5ミリ径まで対応しています。

flat_bumper_for_iphone5_7.jpg

バンパーのエッジは、表・裏ともにiPhoneよりも若干突出。テーブルなどに置いた場合にiPhoneが触れないように作られています。

flat_bumper_for_iphone5_8.jpg

付属品の中で最も注目されるのは、背面用の保護フィルムです。

液晶画面とは異なり柔らかい素材を使い、粘着層にかなりの厚みを持たせてあります(写真下のフラッシュの周囲に注目)。

この厚みは、衝撃吸収を吸収すると共に、背面のガラスとアルミの接合部分の段差を埋めるという効果があります。

段差は個体差があるため、気泡を完全に防ぐことはできないとのことですが、一般的なフィルムよりは発生を抑えることができそうです。

flat_bumper_for_iphone5_9.jpg

Lightningコネクタの周辺はある程度余裕があり、『Lightning to Micro USB アダプタ』を使用することができました。

flat_bumper_for_iphone5_10.jpg

「シルバー&ホワイト」を装着してみたのがこちら。

本来はiPhone 5のホワイト向けのカラーですが、ブラックでもそれなりにマッチします。

flat_bumper_for_iphone5_11.jpgflat_bumper_for_iphone5_12.jpg

ある程度サイズに誤差があっても使えてしまうケース類と異なり、バンパーは側面のみで装着するため弛んだり外れたりすることがあり、より高い精度が求められます。

パワーサポートのこのバンパーは、その期待に応える造りで、安心して使えると思います。