sgp_neo_hybrid_ex_iphone5_0.jpg

SPIGEN SGPのiPhone 5向けバンパー『SGP iPhone 5 Neo Hybrid EX
』を購入してみました。

電波の受信感度に問題があったiPhone 4には、アップルが純正のバンパーを開発。デザイン・フィット感が気に入ったユーザーも多かったようです。

アンテナが改良されたiPhone 5では、今のところアップルが純正品を販売する情報はなく、バンパー派のユーザーはサードパーティ製を探すしかありません。

そんな方にお勧めしたいのが、今回購入した製品です。

  • ポリカーボネートとシリコンの2重構造
  • 前面だけでなく背面用の保護フィルム付き

という特徴があります。

sgp_neo_hybrid_ex_iphone5_1.jpg

パッケージには次のものが含まれています。

  • バンパー本体
  • 背面用保護フィルム
  • 液晶保護フィルム
  • ホームボタンシールx3
  • クリーニングクロス

sgp_neo_hybrid_ex_iphone5_2.jpg

背面用の保護フィルムは、3枚に独立したものが付属しています。

これは、iPhone 5の背面がガラスとアルミで分割されおり、一枚のフィルムではその接合部の微妙な凹凸で気泡が生じてしまうことへの対策のようです。

sgp_neo_hybrid_ex_iphone5_3.jpg

カメラとフラッシュの周囲は下のように処理されています。

iPhone 5のアップル・ロゴは周囲より少し高いため、周囲に気泡ができてしまいます。ホワイト&シルバーモデルではそれほど目立たないようです。

sgp_neo_hybrid_ex_iphone5_4.jpg

バンパー本体は、衝撃を吸収するシリコンと外側を守るポリカーボネートの2重構造を採用。

まずは内側のシリコン層から装着し、次にポリカーボネートを被せるという手順で装着します。

sgp_neo_hybrid_ex_iphone5_5.jpg

実際に装着したところ。ポリカーボネートは光沢があり、チープな感じはしません。

バンパーの重さは約11.2グラム(実測)でした。

sgp_neo_hybrid_ex_iphone5_6.jpg

電源・スリープボタンはおそらくシリコン製で、操作性に問題はありません。

sgp_neo_hybrid_ex_iphone5_9.jpg

Lightingコネクタの開口はやや小さめですが、純正のケーブルと『 Lightning to Micro USB アダプタ』は干渉することなく使用できます。

sgp_neo_hybrid_ex_iphone5_8.jpg

サウンドのスイッチは少し奥まっているため、爪を立てるようにすれば問題なく操作できます。

バンパーのエッジは、液晶画面よりも僅に高くなっています。同社の強化ガラス製プロテクター『GLAS.t』『GLAS.tR』とも併用できます(正確に貼る必要あり)。

sgp_neo_hybrid_ex_iphone5_10.jpg

カラーバリエーションは10色もあり、ホワイト&シルバーにマッチするものも用意されています。

定価は3,570円(税込)とバンパーとしては高めな印象ですが、保護フィルム(両面)を考慮すると妥当な価格かもしれません。

iPhone 5用にバンパーをお探しの方、とくに側面だけでなく液晶と裏面も保護したいという方におすすです。