iPhone 5専用のアルミ製バンパー『SWORD5』を購入、試してみました。

このバンパーは、iPhone 4・4S用の『SWORD』の後継にあたり、軽量でスリムなデザインと金属製バンパーとしてはリーズナブルな価格に設定されているのが特徴です。

パッケージには、ドライバーとカーボン製のバックシートが付属しています。

iphone5_sword5_review_1.jpg

バンパーの内側には、、iPhoneへの接触・傷を防ぐパットがほぼ全周に貼り巡らされています。

iphone5_sword5_review_2.jpg

「コの字」をした2つのパーツで構成され、2本のネジで固定する仕組み。

予備のネジは同梱されていないので、取り外した際の紛失に注意が必要です。

また、付属のドライバーとネジ山が微妙に合っていない気がするので、潰さないように気をつけましょう。

iphone5_sword5_review_3.jpg

iPhone 5(ブラック&スレート)に装着したところ。

厚さは約8.2ミリで、iPhone 5の薄さ(7.6ミリ)を損ねることがありません。重さも12.85gと金属パンパーとしてはかなり軽量です。

液晶画面とバンパーのエッジの高さはほぼ同じです。

iphone5_sword5_review_4.jpg

本体の上および下の方向からみたところ。

カドはすべて面取りされており、シャープなエッジや指に引っかかりを感じる場所がひとつもありません。

ポケットに入れておいても、布地に引っ掛けたりする心配はなさそうです。

iphone5_sword5_review_5.jpg

パーツの継ぎ目は、iPhoneのアルミとガラスの境界線上にあり、精度の高さも手伝ってほとんど目立ちません。

iphone5_sword5_review_7.jpg

サイドのサウンド・スイッチとボリュームボタンの周辺はなだらかなカーブを描き、このバンパーの最も美しい部分かもしれません。

一方で操作は若干しずらく、爪を使うなどの工夫が必要となります。

iphone5_sword5_review_8.jpg

傷が目立ちやすいiPhone 5のエッジ部分は完全に保護されています。

スリムで手に馴染みやすく、主張しすぎないシンプルなデザインのため、金属バンパーを初めて購入するひとでもあまり違和感を感じないのではないでしょうか。

iphone5_sword5_review_9.jpg

付属のバックシートはiPhone 5のガラス部分に両面テープで貼付けるタイプ。

好みにものよると思いますが、ちょっとチープな雰囲気が漂う印象です。

iphone5_sword5_review_10.jpg

下はバックシートを外した状態。こちらの方がiPhoneらしいような気がします。

気になる電波の受信感度については、電波強度を数値化する簡単なテストをした限りでは、バンパーの有無による違いはありませんでした。

iphone5_sword5_review_11.jpg

価格は3,980円(税込)。カラーバリエーションは全部で10色が用意されています。

先日レビューを掲載した『CLEAVE ALUMINUM BUMPER』のほぼ半額になる計算で、なかなかリーズナブルではないでしょうか。

バックシートを除けば文句のつけようがないデザインおよび質感だと思います。

持ちやすく、シンプルで飽きのこないアルミバンパーをお探しの方におすすします。