ios6_camera_privacy_0.jpg

iPhone 5またはiOS 6にアップデートしたiOSデバイスで、カメラ系アプリの保存機能が使えなくなることがあるそうです。

TiltShift Generator App Store』『SuperPopCam App Store』などの作者として知られる@fladdict 氏のサイトによると、アプリのユーザーからも問い合わせが増えているとのこと。

「iOS 6」では、アップルのセキュリティ・ポリシーの変更により、アプリがアルバムにアクセスする際に、下のようなポップアップが初回のみ表示されます。

ここで「許可しない」を選択してしまうと、アプリはアルバムへアクセスできなくなり、保存もできなくなるそうです。

ios6_camera_privacy_5.jpg

いちど「許可しない」を選択すると次回以降は聞いてこないため、アプリからのアルバムへのアクセス・保存ができないままになってしまいます。

そんな場合は、「設定」>「プライバシー」>「写真」へと進み、

ios6_camera_privacy_2.jpg ios6_camera_privacy_3.jpg

表示されるカメラ系アプリのリストで、該当するアプリのトグルを「オン」してあげると、問題が解決するはずです。

ios6_camera_privacy_4.jpg

アプリによっては、ここが「オフの」状態で保存をしてもエラーメッセージ等を表示しないものもあり、原因の特定を難しくしているようです。

同様のことは、連絡先・カレンダーなどにも当てはまります。

周囲のユーザーで「iOS 6にしてからアプリ挙動がおかしい」という人がいたら、「まずはプライバシー設定をチェック」とアドバイスしてあげるとよいかもしれません。

【リンク】iPhone5やiOS6で、カメラ系アプリが画像を保存しなくなった場合の対処方法