ibuffalo_tpu_bumper_iphone5_0.jpg

iPhone 5向けのアクセサリー『iBUFFALO TPU バンパーケース
』を購入、試してみました。

iPhone 5、とくにブラック&スレート・モデルは、エッジの部分にキズ付きやすく目立つため、それを保護するアクセサリーは必須アイテムとなりつつあるようです。

iPhone 4(4S)用にはアンテナ問題への対策として純正バンパーが販売されていますが、アップルがiPhone 5用を発売するという話は聞こえてきません。

そこで、今直ぐ購入できる数少ないiPhone 5用バンパーの中から、もっとも価格がリーズナブルなこの製品を試してみることにしました。

ibuffalo_tpu_bumper_iphone5_1.jpg

素材には、最近ソフトケースの主流となりつつあるTPU(熱可塑性ポリウレタン)を採用。

TPUはソフトで割れにくく、かつ適度な硬さで弛まないという、プレスチックとシリコンのいいとこ取りをしたような素材です。

バンパー本体に、液晶面を保護するフィルム(クリアタイプ)が付属しています。

ibuffalo_tpu_bumper_iphone5_2.jpg

iPhone 5に装着したところ。

事前にさんざん情報がリークしていたおかげ(?)で、サイズはぴったりです。

今回購入した「クリア(半透明)」の他に、「ブラック」と「ピンク」もあります。

ibuffalo_tpu_bumper_iphone5_4.jpg

サラサラとした表面ながらグリップも効き、手にしっくりと収まります。

iPhone 5が薄いこともあり、バンパーを装着した状態でも、裸のiPhone 4よりも若干厚い程度です。

側面のボタン、上部のパワー/スリープボタンも普通に操作できます。

ibuffalo_tpu_bumper_iphone5_5.jpg

シリコン製だと間違いなくダレてしまう本体下部の周辺も、TPUの適度な硬さのおかげで、ピシッとしています。

ibuffalo_tpu_bumper_iphone5_6.jpg

バンパーがカメラのレンズのすぐ近くまで迫っているものの、撮影には問題ありませんでした。

ibuffalo_tpu_bumper_iphone5_7.jpg

裏面をよく観察すると、型から切り出したバリのようなものが数カ所みつかりました。

遠目にはわかりませんし、この価格帯であれば仕方ないと思えるレベルです。

ibuffalo_tpu_bumper_iphone5_8.jpg

ホワイトモデル・ユーザーの方のために、白のモックアップに装着してみました。

あくまでモックなのでご参考程度に。

ibuffalo_tpu_bumper_iphone5_9.jpg

付属のフィルムを貼ってみました。

バンパーとの干渉を考慮してかサイズは若干小さめ。

それより気になるのは、ホームボタンの下が開いているタイプということ。よく触れる部分だけに、長く使っているとここから剥がれてきそうな予感がします。

フィルムに色がついているようにみえますが、形がはっきりと分かるよう光を当てて撮影しているためで、実際には無色透明。

ibuffalo_tpu_bumper_iphone5_10.jpg

発売直後の現時点ではバンパーの選択肢が少なく、今後より良い製品が出てくることは間違いありません。

とりあえずエッジを保護するものを着けておき、ケースなりバンパーなりをじっくり選ぶ、という用途には最適かもしれません。

ibuffalo_tpu_bumper_iphone5_0.jpg

定価は980円(税込)で、アマゾンなどでは実売891円(税・送料込・記事掲載時)で販売されています。