logitec_lbt_mpvru01_review_0.jpg

iPhone 4Sや新しいiPadの置き忘れを防止することができる『Logitec ぶるタグ』を購入、試してみました。

うっかりiPhoneやiPadを置き忘れたり、外出する際にiPhoneやキーが見当たらない、といった経験をしたことはないでしょうか。

この『ぶるタグ』は、BluetoothでiPhone 4S・新しいiPadと接続することで、そのようなトラブルを防止したり、または見つけるのを助けてくれるというデバイスです。

『ぶるタグ』は、次の3つの使い方ができます。

  1. 『ぶるタグ』からiPhone・iPadのメロディ・バイブを鳴らす
  2. iPhone・iPadから『ぶるタグ』のメロディ・バイブを鳴らす
  3. 『ぶるタグ』とiPhoneまたはiPadが離れた場合にアラートする

これだけだとイメージしにくいと思うので、それぞれの使い方を利用シーンと共に説明していきたいと思います。

デバイスは一辺が4.5センチの正方形をしており、黄色いドットの目印のあたりにボタンがひとつあります。

logitec_lbt_mpvru01_review_1.jpg

Bluetooth Low Energyに対応

対応アクセサリーがまだ少なくあまり大きく取り上げられていませんが、iPhone 4S・新しいiPadは、Bluetoothの新規格「4.0」に対応しています。

Bluetooth 4.0に含まれる機能拡張の中でとくに注目されているのが、消費電力を大幅に削減する「Bluetooth Low Energy (BLE)」という接続方法です。

BLEに対応した『ぶるタグ』は、バッテリー消費の大きいこれまでのBluetoothデバイスとは異なり、ボタン電池(CR2032)一個で最大約2年間も待受けができます。

logitec_lbt_mpvru01_review_2.jpg

本体の裏側には、金属製の大型クリップを搭載。

ポケット・ベルト・バッグなどに挟んで携帯することができます。

logitec_lbt_mpvru01_review_4.jpg

専用アプリからペアリング

『ぶるタグ』とiPhone 4S・新しいiPadのペアリングは、無料で公開されている専用のアプリから行います。

ぶるタグ
ユーティリティ:546 KB
価格:無料
対応:iPhone・iPod touch (iPad互換)
開発:Logitec Corporation


「設定」のアプリからBluetoothをオンにし、専用アプリを起動。

デバイスの電源を入れると「Bluetooth Pairing Request」のポップアップが表示されるので、「Pair」を選択して接続します。

logitec_lbt_mpvru01_review_8.jpg logitec_lbt_mpvru01_review_9.jpg

使い方その1:『ぶるタグ』からiPhone・iPadのメロディ・バイブを鳴らす

まずは、iPhoneやiPadをどこに置いたか忘れてしまったときの使い方です。

テレビのリモコンのようにiPhone・iPadが雑誌の間やクッションの隙間などに入り込んで見つからない場合や、最後に使った部屋がわからず探しまわらなければならないときに有効な方法です。

『ぶるタグ』の中央にあるボタンを押すと、ペアリングしてあるiPhone 4S・新しいiPadでメロディーが流れます。iPhoneはバイブも合わせて鳴らすことが可能。

設定はアプリの「通知方法」で設定できます。

logitec_lbt_mpvru01_review_10.jpg

使い方その2:iPhone・iPadから『ぶるタグ』のメロディ・バイブを鳴らす

次は「その1」の逆のパターンで、iPhone・iPadから『ぶるタグ』を呼び出すという使い方です。

『ぶるタグ』をよく見当たらなくなるもの、例えばキーチェーンなどにつけておき、探す際にiPhone・iPadからメロディー・バイブを鳴らすという方法。

logitec_lbt_mpvru01_review_6.jpg

専用アプリの「タグを鳴らす」から、メロディーのスタート・ストップボタンで鳴らします。

logitec_lbt_mpvru01_review_11.jpg

メロディーの音量はかなり大きめ、かつ調節ができないので、気になる場合はあらかじめ本体横にあるスイッチで、メロディーとバイブの切替えをしておくこともできます。

logitec_lbt_mpvru01_review_3.jpg

使い方その3:『ぶるタグ』とiPhoneまたはiPadが離れた場合にアラートする

『ぶるタグ』とiPhoneまたはiPadの距離が離れた場合に、両方でメロディーが流れてお知らせするという使い方です。

iPhone・iPadの置き忘れや、カバンの盗難・置き引きの防止、という用途に利用できます。

logitec_lbt_mpvru01_review_5.jpg

『ぶるタグ』は障害物のない場所で約10mまで接続を維持することができ、その範囲内でアラートが鳴る感度をアプリのスライダーで調節できます。

感度は距離というより電波の強さで決まる傾向が強く、障害物の有無など環境によって大きく左右されるようです。

logitec_lbt_mpvru01_review_12.jpg

よく見当たらなくなるものは置き場所を決めておく、大切な物が入ったカバンからは目を離さないなどを習慣にしていれば、このようなデバイスは必要ないかもしれません。

一方で、置き引きに狙われやすい海外旅行や、個人情報の入った勤務先のPCを持ち歩く際などに、保険として用意しておくとより安心ではないでしょうか。

Bluetooth 4.0に対応したアクセサリーはまだ少なく、今後もこのようなユニークな製品が発売されることを期待したいところです。

Logitec Bluetooth 4.0対応 ぶるタグ
by カエレバ