icon
icon
screenshot

1961年に東京・丸の内に開館し、現在は六本木にある「サントリー美術館」は、薩摩切子・江戸切子などのガラス工芸のコレクションでよく知られています。

今回ご紹介する『サントリー美術館公式アプリケーション
icon
』は、今年で開館50周年を迎えることを記念してリリースされた「サントリー美術館」の公式アプリです。

所蔵する3,000点以上のコレクションの中から厳選された50点が収録されています。

作品紹介」をタップすると、収録作品を閲覧できます。

絵画」「漆工」「陶磁器」「ガラス」「染物」「装身具」の6つのカテゴリーに分類して作品を収録しています。

app_life_suntory_museum_of_art_1.jpg app_life_suntory_museum_of_art_2.jpg

ここでは「絵画」に収録されている「春夏花鳥図屏風」を見ていきます。

app_life_suntory_museum_of_art_3.jpg app_life_suntory_museum_of_art_4.jpg

作品の下にあるタイトルを上にスクロールすると、解説を読むことができます。

画面をタップするとナビゲーションバーを表示し、前の画面やホーム画面に戻れます。

app_life_suntory_museum_of_art_5.jpg app_life_suntory_museum_of_art_6.jpg

作品画面は3層のレイヤー構造になっており、画像をタップして作品レイヤーをいちばん上に持ってくると、ピンチで拡大して見ることができます。

ランドスケープモードにも対応しています。

app_life_suntory_museum_of_art_7.jpg

また、色から作品をさがして楽しめるようになっています。

ホーム画面の女性の絵画をタップすると、同系色でまとめられた作品のサムネイルを表示します。

端末を手で包み込むようにすると、色が切り替わります。

app_life_suntory_museum_of_art_8.jpg app_life_suntory_museum_of_art_9.jpg

サムネイルをタップすると、作品からモチーフを取ったアニメーションとともにその作品を表示します。

app_life_suntory_museum_of_art_10.jpg app_life_suntory_museum_of_art_11.jpg

点数はそれほど多くないものの、国宝に指定されている「浮線綾螺鈿蒔絵手箱」や、重要文化財に指定されている「小倉山蒔絵硯箱」なども収録されています。

日本美術を身近に感じることができるアプリです。

タイトル サントリー美術館公式アプリケーション
icon
カテゴリ App Store > ライフスタイル
開発 SUNTORY MUSEUM of ART
対応機種 iPhone・iPod touch (iPad互換)
価格 無料