pokemon_typing_ds_keyboard_0.jpg

Bluetoothのワイヤレス・キーボードが付属している『ポケモンタイピングDS
』を購入、iPhone・iPadで使用してみました。

このゲームソフトは、DSで遊びながらキーボードの配列を覚えられ、任天堂ならではの品質の高いキーボードも手に入る、というお得な製品です

保証外ではあるものの、Bluetooth規格に準拠しているため、iPhone・iPod touch・iPadをはじめとするBluetooth対応デバイスでも使用することができます。

パッケージには、DSソフト(こちらが本体)、Bluetoothキーボード、折りたたみスタンド、電池が付属しています。

pokemon_typing_ds_keyboard_1.jpg

サイズを比較するため、同じくワイヤレスの『Apple Wireless Keyboard
』と並べてみました。

ニンテンドーの方が若干小さいものの、大人でも問題なく使えるサイズ・キーピッチ(17mm)です。

pokemon_typing_ds_keyboard_2.jpg

iPadに載せるとこのような感じ。

持ち歩くには少し大き過ぎるサイズのため、自宅・職場などに置いて使用する用途に向いています。

pokemon_typing_ds_keyboard_3.jpg

単3形の乾電池2本で、約1,500時間使用できます。

pokemon_typing_ds_keyboard_4.jpg

iPhone・iPod touch・iPadとのペアリング

使用する際は、初回のみ「ペアリング」という登録作業が必要です。

  1. iPhone・iPod touch・iPad(iOSデバイス)で、「設定」>「一般」>「Bluetooth」を開き、オンにする
  2. ニンテンドー・キーボードで、「Fn」キーを押しながら、電源をオンにする。
  3. iOSデバイス側で、「Nintendo…」をタップ。4桁のPINコードが表示される。
  4. ニンテンドー・キーボードで、表示されたPINコードを入力し、「Enter」キーを押す。

iOSでバイス側で、「Nintendo…」が、「接続されました」に変われば、ペアリングが完了です。

pokemon_typing_ds_keyboard_10.jpg pokemon_typing_ds_keyboard_11.jpg

キートップは、子供が使うことを意識してか、丸みを帯びた可愛らしいデザインを採用。

タイピングの初心者向けなので、ピッチ・ストロークが十分あり、さらにキーとキーとの間の隙間を大きくとってあるようです。

pokemon_typing_ds_keyboard_5.jpg

折りたたみのスタンドはDS専用ではなく、汎用製のあるデザインです。

大きさ的にiPadを縦に置くと安定しませんが、横置きならば使用できます。もちろん、iPhone・iPod touchでは問題ありません。

pokemon_typing_ds_keyboard_6.jpg

iPhoneをスタンドに置いたところ。

かなりアンバランスですが、バーチャルキーボード(QWERTY)での入力とは比較にならない速さ・快適さでタイプできます。

pokemon_typing_ds_keyboard_7.jpg

大きさ的には、やはりiPadとの組み合わせがしっくりくるかもしれません。

pokemon_typing_ds_keyboard_8.jpg

キーボードの切り替え(英語・日本語など)は、ホーム(家の型)キーとスペースを同時に押します。

注意したいのは、iOSデバイスがこの製品を「英語キーボード」として認識するため、記号などがキートップの表記と異なる点。

英語配列のキーボードに慣れたひとであれば問題ないはずですが、そうでない方は使いにくいと感じそうです。

pokemon_typing_ds_keyboard_9.jpg

お子さんのいる家庭では、DSを使ったタイピング練習用として購入し、子供が飽きたらiPhone・iPad用のキーボードにする、という一石二鳥な使い方もできます。

子供が扱うことを想定してか、安全性・耐久性を持たせてあるようで、価格の割に安っぽくありません。

5,000円以下で買える良質なBluetoothキーボードとして注目しておきたい製品です。

製品名 バトル&ゲット ポケモンタイピングDS
製造 任天堂
サイズ・重量 264 x 113 x 20、約300 (g)
ショップ アマゾン
/ 楽天市場
参考価格 4,700円 (税込)