eneloop_pro_0.jpg

くりかえし使える充電池「eneloop」の容量をアップした新製品『eneloop pro』を購入してみました。

eneloopシリーズは、繰り返し使えることによる経済性・環境負担軽減だけでなく、それまでの充電池にあった「容量が少ない」「自然放電が早い」という問題を解消したことで広く支持されています。

新しく発売された『eneloop pro』は、従来型の容量を約25%アップ(1,900mAh → 2,400mAh)し、利用時間をさらに伸ばすことに成功した製品です。

eneloop_pro_1.jpg

2本でiPhone 4を7割充電

単三型であらゆる用途に使えますが、iPhone 4の充電で、容量アップの恩恵がどの程度得られるのか試してみました。

使用したのは、単三型2本が入るスティックタイプのUSB出力付き外部電源『eneloop stick booster
』です。

eneloop_pro_2.jpg

フル充電した『eneloop pro』と従来型のeneloopをそれぞれ2本用意し、完全に放電したiPhone 4を充電するテストを行ってみました。

結果は、従来型では約55%、新製品では約70%まで充電でき、約27%容量アップしていることが確認できました。

数字でみるとわずかな違いですが、バッテリーが残り少なくなったときの「+15%」がどれほど貴重かは、iPhoneユーザーであればお分かり頂けると思います。

もちろん、4本あればiPhone 4を約1.4回フル充電できる計算になります。

eneloop_pro_3.jpg

バッテリーの交換頻度を低減

容量がアップしたことによる、もひとつのメリットは、交換の頻度を低く抑えられることです。

ワイレスキーボードやマウス、Wiiのリモコンなど、交換する頻度が高いものでは、交換の手間が減ること意味します。

eneloop_pro_4.jpg

万一の場合に心強い大容量

容量のアップだけでなく、eneloopの魅力のひとつである「自然放電の少なさ」も継承されています。

1年後でも容量の約75%が残っているため、非常用の電源としても心強いといえます。

また、メーカーによるLEDライトを使った実験では、約31%長持ちしたという結果が出ており、防災用としても活躍しそうです。

eneloop_pro_5.jpg

いいこと尽くめのようですが、容量をアップするためのトレードオフで、重さが約11%(1本あたり3g)増加し、充電回数が1,500回から500回に減少しています。

わずか3gとはいえ、Wiiリモコンやマウスなどで、ひとによっては違いを感じるかもしれません。

充電回数が少なくなっているため、従来品を完全に置き換えるものではありませんが、容量を優先したい用途では、魅力的なバッテリーではないでしょうか。

製品名
eneloop pro 単三形2本

eneloop pro 単三形4本

eneloop pro 単三形4本+急速充電器
製造 SANYO
重量 約30g (1本あたり)
容量 2,400mAh (1本あたり)
ショップ アマゾン
/ 楽天市場
価格 オープン