glasses_free_3d_iphone_ipad_0.jpg

iPhone・iPadの画面に、専用メガネ無しで立体的な画像を表示するという、興味深いデモ(動画)が公開されていました。[source: MacStories ]

フランスのリサーチグループ「EHCI」が開発したもので、ハードウェアに手を加えることなく、「Head-Coupled Perspective (HCP)」という技術を応用し、ソフトウェアのみで3D効果を実現することに成功しています。

その仕組みは、iPhone 4やiPad 2のフロントカメラでユーザーの顔をリアルタイムで認識し、視点にに合わせた画像を表示するというものです。

glasses_free_3d_iphone_ipad_1.jpg

左右の眼の視差を利用している通常の3D画像が、画面から「飛び出してみえる」のに対し、この方式では「奥行きが生まれる」ように感じられるようです。

glasses_free_3d_iphone_ipad_3.jpg

ユーザーの顔認識と、視点によって画面を変える、という2つの処理を同時にリアルタイムで行う必要がありますが、デモの動画をみる限り、かなりスムーズに動作するようです。

この技術を応用すれば、既存のハードウェアでより立体的な表示が可能になり、ゲームのみならず実用系でも面白いアプリを作ることができるのではないでしょうか。

【リンク】3D displays on mobile devices : HCP (英語)