boxwave_keyboard_buddy_case_iphone4_10.jpg

BoxWave社の、スライド式キーボードを内蔵したiPhone 4用ケース『Boxwave Keyboard Buddy Case』を購入、試してみました。

iPhoneのタッチパネルでの文字入力は、物理的なフィードバックがないため、慣れないひとにとっては辛く感じるかもしれません。

この『Boxwave Keyboard Buddy Case』は、iPhone 4のケースにBluetoothのキーボードを内蔵したもので、小さいながらもQWERTY配列の物理的なキーによる文字入力を可能にします。

キーボードはスライド式なので、使用しない場合は本体の背面に収納し、必要に応じてキーボードを素早く引き出して入力作業を行えます。

boxwave_keyboard_buddy_case_iphone4_1.jpg

キーボード内蔵ケースの本体の他に、付属品は充電用のUSBケーブルのみ。

iPhoneに装着すると隠れる内側の部分に、簡単な説明が印刷されています。

全体的なクオリティーは非常に高い印象です。

boxwave_keyboard_buddy_case_iphone4_2.jpg

キーボードのサイズはケースとピッタリ同じで、畳んだ状態では本体とほぼ一体化します。

スライドにはバネのようなものが使われており、軽い力で開閉でき、ピタッと気持ちよく止まってくれます。

開いた状態・畳んだ状態ともに、グラつき・ガタつきがなく安っぽくありません。

boxwave_keyboard_buddy_case_iphone4_3.jpg

畳んだ状態でヨコからみたところ。

厚みが19mmほどあり、裸のiPhone 4の約2倍ほどありますが、普段ケースを使っているひとであれば、体感的には1.5倍くらいに感じるのではないでしょうか。

boxwave_keyboard_buddy_case_iphone4_4.jpg

下の方からみたところ。

左から、充電用のminiUSBポート、ペアリング用のボタン、電源のオン・オフスイッチが並びます。

キーボードの端の部分が斜めになっていることで、閉じた状態でのホールド感が向上しています。

boxwave_keyboard_buddy_case_iphone4_5.jpg

カメラおよびフラッシュの周囲はかなり大きく開口しています。

細かな「段々」状になっているのは、フラッシュの光を拡散し、写り込みを防ぐ狙いがあるのかもしれません。

boxwave_keyboard_buddy_case_iphone4_6.jpg

開いた状態で背面からみたところ。

上下にレールがあり、それに沿ってキーボードがスライドするようです。

boxwave_keyboard_buddy_case_iphone4_7.jpg

ヨコにあるボタンでBluetoothのペアリングは完了。

肝心のキーボードの質感も悪くありません。

キートップは硬いプラスチック製で、わずかなストロークがあり、押した感覚が実感できます。

キーを押すと「トツトツ」といった音がします。比較的大きいので、会議中や図書館などの静かな環境では気を使うか
もしれません。

boxwave_keyboard_buddy_case_iphone4_8.jpg

キーボードはiPhone用に設計されており、

  • ホームボタン
  • 言語の切替え
  • バーチャルキーボードの表示・非表示
  • 検索ボタン

などが行えます。

boxwave_keyboard_buddy_case_iphone4_9.jpg

問題があるとすれば、本体をヨコにした状態で使えるアプリでした利用できない、ということでしょうか。

メモ・メール・Twitter(公式)などは対応していますが、よく使うアプリがヨコに非対応だと、ムダになってしまうかもしれません。

boxwave_keyboard_buddy_case_iphone4_0.jpg

重さは約75gあり、厚さも増すことを考えると、文字入力を最優先にするユーザー向け、と言えるかもしれません。

繰り返しになりますが、製品としてのクオリティーが高く、キーボードおよびスライド機構の質感も申し分ありません。

バーチャルキーボードにストレスを感じている方は、検討してみる価値がありそうです。

製品名 Boxwave Keyboard Buddy Case
製造  Boxwave
ショップ アマゾン