keycase_ipad_bluetooth_keyboard_case_0.jpg

Bluetoothのキーボードを内蔵したiPad用のケースが海外のオンラインショップで発売されています。

iPadのソフトキーボードは、ノートPC並みのサイズがあるものの、キーを押した際に物理的なフィードバックがないため、お世辞にも入力し易いとは言えません。

メールや長い文章を入力する際には、Bluetoothのワイヤレス・キーボードを接続するのがベストですが、持ち歩く際に荷物がひとつ余計に増えるというデメリットもあります。

この『KeyCase iPad Folio with Integrated Bluetooth Keyboard 』は、iPad用ケースに薄型のBluetoothキーボードを内蔵することで、これら2つの問題に対応してくれます。

keycase_ipad_bluetooth_keyboard_case_1.jpg

アップル純正の『Apple iPad Case』と同様に見開きになるタイプのケースで、フタの部分にキーボードが内蔵されています。

キーボードを使用しないときは、内側に畳むことで隠すことができ、通常のケースと同じように使用できるようです。

keycase_ipad_bluetooth_keyboard_case_2.jpg

Bluetoothキーボードの充電にはiPadと同じDockコネクタが利用できます。

一回の充電で約45時間利用でき、10分で自動的に電源が切れる節電機能もあるそうです。

keycase_ipad_bluetooth_keyboard_case_3.jpg

スペックによると、キートップの素材にシリコンを使っているそうなので、キーの押し心地が気になるところです。

イギリスのオンラインストア『GearZap』で£59.95(約7,800円)で発売されていますが、残念ながら日本への発送は行っていないようです。

キー配列は英語のままでもよいので、国内での発売に期待したいところです。