PhotoSpeak
icon
PhotoSpeak

1枚の顔写真から、顔の3次元モデルを作り、喋らせることができるアプリ、『PhotoSpeak
icon
』がリリースされています。

iPhoneのカメラで撮影またはフォトライブラリーから選んだ顔写真が、録音した音声に合わせて口を動かしたり、画面に触れた指の方を向いたりする3Dモデルに変換されます。

顔写真から3Dアニメーションを作成する技術『モーションポートレイト』を使い、目を疑うほどリアルな画像を作ることができます。

アプリを起動すると表示される女性はサンプルの3Dモデル。もちろんこれ以外に、自分で撮影した画像を元に作成することができます。

app_ent_motionspeak_1.jpg  app_ent_motionspeak_2.jpg

iPhoneのカメラで撮影・または写真アルバムから、顔写真を選択します。正面から撮影した写真を使うことが推奨されています。

app_ent_motionspeak_3.jpg  app_ent_motionspeak_4.jpg

エリアを指定して確定すると、画像の変換が始まり、しばらくすると3Dのアニメーションが完成します。サーバーに送られて変換されるため、ネットワーク接続が必要です。

画面に触れると、2次元だったはずの顔が向きを変え、目線で指を追いかけます。

また、音声を録音すると、まるで本当に話しているかのように音に合わせて口を動かします。

app_ent_motionspeak_5.jpg  app_ent_motionspeak_6.jpg

この技術は既にゲームやCMなどで使われているようですが、カメラ・タッチパネル・マイクを搭載したiPhoneでの利用が、一番楽しいのではないでしょうか。

iPod touchの場合は録音機能は使えませんが、PC/Macから転送したものや、Web上の画像を保存して楽しむことができます。

家族や友人の顔写真で使うと、かなり楽しめそうです。

タイトル
PhotoSpeak
icon
カテゴリ App Store > エンターテイメント
開発 MortionPortrait Inc.
対応機種 iPhone・iPod touch
価格 350円