juice_pack_3g_0.jpg

発売されてからしばらく経っていますが、iPhone 3G用のケース型の外部バッテリー『Mophie Juice Pack for iPhone 3G
』購入、試してみました。

iPhone 3Gの使用時間を2倍以上にのばすことのできる1800mAhの容量と、iPhone 3Gと一体となるデザインが特徴の製品です。(第2世代iPod touch用の『 Juice Pack for iPod touch 2G
』もあります)

パッケージにはバッテリーと同じカラーが採用され、なかなかよいデザインに仕上がっています。

juice_pack_3g_2.jpg

バッテリー本体と充電用のケーブル(USB-miniUSB)が付属します。

Mac/PCのUSBポートやiPhone 3Gに付属のACアダプターから充電をすることができます。

juice_pack_3g_3.jpg

本体はマット(つや消し)の樹脂製で、外側はブラック、内側は鮮やかなグリーンが使われています。

はじめはこの色使いはどうかと思いましたが、iPhoneのバッテリーメーターと同じ色を使っていることに気づきました。使用中は隠れてほとんど見えないので、あまり気にしないことにします。

質感と細部の作りの品質は高く、チープなアクセサリーとは一線を画しているといっても過言ではありません。(その分価格もそれなりにします)

juice_pack_3g_4.jpg

全体的にマット地で滑りにくい表面ですが、ゴム素材のグリップ(滑り止め)が両サイドにあり、しっかりとホールドできるようになっています。

約80gと軽量で、手にとってみると見ためよりもずっと軽く感じられます。

juice_pack_3g_5.jpg

充電用のminiUSB端子は本体の下側にあります。

キャップはなく端子が露出しままですが、その部分が凹んでいるため、よほどのことが無い限りは接触の心配はないでしょう。

juice_pack_3g_6.jpg

背面には、リチウムポリマー充電池の充電状態・容量が確認できるLEDゲージがあります。

右にあるボタンを押すと、4つあるLEDが数秒間点灯します。

juice_pack_3g_6b.jpg

iPhone 3Gにぴったりのサイズで、さらに淵の部分に返しがあるため、上部からスライドさせるようにしてDockがある奥までしっかりと差し込みます。

装着した状態では、前面部分に突起がほとんどなく、画面のフリック操作のジャマになりません。

juice_pack_3g_7.jpg

バッテリーの方が少し短く、奥まで差し込んだ状態で下のようにiPhone 3Gの上部がはみ出た感じになります。

ケースの形をしていますが、完全に保護してくれるという訳でありません。

カメラとの干渉を防ぐための切り込みも開けられています。

juice_pack_3g_8.jpg

Dockに差し込むと自動的に充電を開始します。

iPhone 3Gを空の状態から充電をする試験をしたところ、1回のフル充電のあとにさらに約15%充電することができました。(バッテリーの残量を数値で確認できる『バッテリーログ
icon
』を使って測定)

juice_pack_3g_9.jpg

このバッテリーの利点は、やはり使っている時のiPhone 3Gとの一体感があり、iPhone 3GのDockコネクターへの負担がほとんど無いところです。

ふだんは同じ充電容量で価格が約半分の『MyBattery iDock L』を使っていますが、装着したままカバンに入れたりしていたせいか、Dockの周りに大きなクラックが入ってしまいました。注意して使えば問題はないのですが。

juice_pack_3g_1.jpg

 

まとめ

性能とクオリティの高さは問題ないと思われるので、あとはデザインの好みと価格でしょうか。

良い点と気になった点をまとめておきます。

よいところ

  • 1,800mAhの容量で、iPhone 3Gをフル充電できる
  • LEDゲージで残量を確認できる
  • クオリティ・質感の高い作り
  • 一体感があり、Dockへの負担が少ない

気になったところ

  • iPhoneの上部がはみ出る
  • 価格が高め(『TV&バッテリー』が買えてしまいます)

製品名 Mophie Juice Pack for iPhone 3G
販売元 フォーカルポイントコンピュータ
容量・充電時間 1800mAh / 約3時間
出力 DC 5V / 500mA
対応機種 iPhone 3G, iPhone 3GS
サイズ・重量 65 x 115 x 20 (mm) / 約80g
定価 12,800円 (9,800円で購入)