3meg_camera_rumor.jpg

アップルが、3.2メガピクセルのカメラセンサーを次世代iPhone用に調達したという情報があるようです。 [source:AppleInsider]

これまでのiPhone(初代および3G)は、2.0メガピクセルのカメラを搭載。他の最新携帯端末と比較すると、画素数が十分とは言えませんでした。

情報元は台湾のDigiTimeで、アップルがOmniVisionという会社から3.2メガピクセルのCMOSセンサーの供給を受ける、としています。

さらにAppleInsideは、次世代iPhoneのカメラが動画撮影に対応する、という情報も得ているようです。

既に大量の写真系アプリがApp Storeに並んでいますが、カメラの高解像度化と動画対応で、さらに多くのアプリが開発される可能性があります。

これまでのファームウェアのアップデートにみられるように、iPhoneは元来ハードウェアのスペッックが”ウリ”ではなく、ソフトウェアによって実現される体験・サービスが魅力の端末です。

ハードウェアに関しては、必要な部分を着実に改良していくという方針なのかもしれません。