iphone_os_30_100.jpg

アップルが、本日かいされたSDKのプレビューイベントで、iPhone OS 3.0に100以上の新しい機能を盛り込むと発表しました。[image: GIZMODO & Engadget]

ユーザー強い要望があったコピー&ペーストやA2DP(ステレオBluetooth)といった機能を含み、iPhone・iPod touchの利便性が飛躍的に向上する可能性を垣間みることができます。

概要:

  • iPhone OS 3.0のリリースは夏頃(6月?)。SDKは本日より公開
  • iPhoneユーザーは無料。iPod touchユーザーは有料($9.95)でアップデートを提供
  • 初代iPhoneユーザーは機能に制限があり(MMS等)

みんなが待ってた「コピー&ペースト」

噂どおり、待望のコピー&ペースト機能が追加されることになりました。

ダブルタップで単語を選択。前後のスライダーで範囲を設定し。ポップアップのメニューから”Cut、Copy、Paste”を選択します。

iphone_os_event_15.jpg

ステレオBluetoothに対応

初代iPhoneの発売時から追加の要望が多かった、A2DPへの対応がついに実現します。ハード的に不可能という噂もありましたが、プロファイルを足すことで対応が出来たようです。

これにより、Dockに接続して使うタイプの”非公式”のBluetoothアダプタが不要になります。

iphone30_video_01.jpg

複数画像のメール貼付け

コピー&ペーストの機能を使い、複数の画像をメールに貼付けることが可能になります。同様の目的を達成するアプリがありますが、OS 3.0では標準の機能となります。

iphone_os_30_102.jpg

MMSへの対応

MMSへ対応し、オーティオ、コンタクト、ロケーションなどのメディアファイルを送信することが可能に。

iphone_os_30_101.jpg

ボイスメモアプリの追加

既にサードパーティー製のボイスメモアプリが多数発売されていますが、純正のアプリとして追加されます。

iphone_os_event_18.jpg

ユニバーサルに検索できる「Spotlight」

メール、音楽、メモ、コンタクトなど、iPhone・iPod touch内の全てデータを一括して検索できる新しい機能「Spotlight」を追加。

ホーム画面の左端に「Spotlight」用の新しいページが追加されます。

iphone30_video_02.jpg