発売されたばかりの「iPhone 7/7 Plus (PRODUCT)RED」を、さっそく「黒ベゼル」に交換した動画が公開されていました。

「iPhone 7/7 Plus (PRODUCT)RED」は、初めての赤いiPhoneとして注目を集めていますが、画面の周囲(ベゼル)が白なのが残念、という声も少なくないようです。

事実、発表直後に黒いベゼルのコンセプトイメージが出回ると、白よりもかっこいいとの声が多く聞かれました。

そして発売されるやいなや、実際に改造を行う猛者が複数登場。

動画が公開されています。

パネル交換と指紋認証の問題

iPhone 7(RED)のベゼルを黒にするには、サードパーティ製のフロントパネルを入手して交換すればよい、という単純な話ではないようです。

フロントパネルに組み込まれているTouch IDセンサーは、ロジックボードとペアリングされており、単純にフロントパネルだけ交換すると、エラーが表示されて指紋認証が無効になってしまうからです。

よって指紋認証を使うためには、iPhone 7(RED)に付属していたオリジナルのTouch IDを移植する必要があります。

これでTouch IDが利用できるようになりますが、黒ベゼルに白いホームボタンという、なんともみっともない見た目になってしまいます。

ロジックボードも丸々交換

この問題を回避する方法は、今のところブラックまたはジェットブラックのiPhone 7(7 Plus)をもう一台用意しロジックボードごと丸々交換する、くらいしかないとのこと。

実際に行うには、特殊な工具およびiPhoneを分解・修理するための知識とスキルが必要です。

また、Appleの保証が無効になるおそれや、せっかくの防水性能が失われる、最悪の場合2台の壊れたiPhone 7が残る、というリスクを背負うことになり、お勧めはしません。

iPhone 7/7 Plus (PRODUCT)REDは、3月25日より販売(予約)が開始されています。

機種代金・キャンペーン等の詳細は公式サイトでご確認下さい。