アップルが、iPhone 6sのバッテリーに関する診断ツールを含むソフトウェア・アップデートを、来週にもリリースするようです。

アップルは現在、一部のiPhone 6sでバッテリーの残量があるにも関わらず突然シャットダウンする問題に対するバッテリー交換プログラムを行っていますが、対象となるのは「2015年9月から10 月の間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるiPhone 6sのみ」としていました。

【リンク】iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム

iphone6s_shutdown_hero_1

しかしながら、今回Appleが中国の公式サイトで公開したサポート文書によると、対象外のデバイスの少数のユーザーから同様の症状が報告されているとのこと。

そのためより詳細なデータの収集に向け、診断ツールを追加したソフトウェア・アップデートを来週にもリリースする、としています。

使用しているiPhone 6sがバッテリー交換プログラムの対象かどうかは、サポートサイトにシリアル番号を入力して判別できますが、対象外の場合でも今後の情報に注目しておいたほうが良さそうです。