TwitterがDM(ダイレクトメッセージ)に、「既読通知」を追加しました。

「既読通知」は、文字通り相手がメッセージを読んだことを確認できる機能です。

既読になると、メッセージの下にチェックマークが付きます(グループの場合は「全員が既読」と表示)。

twitter_read_receips_1

この機能は、現時点ではiOSおよびAndroidの公式アプリのみに実装され、今後Web版も対応していくとのこと。

既読通知をオフにする方法

既読通知機能はデフォルトではオンになっていますが、これまでと同じように通知せずに使いたい場合は、[設定]でオフにすることができます。

twitter_read_receips_2

今回の機能追加は、TwitterのDMをメッセンジャーのように利用してもらうことが目的としているようです。

とはいえ、プライベートなメッセージを交換したい相手とは、既に他のサービス(LINE・Facebookメッセンジャー等)で繋がっている可能性が高く、利用頻度が上がるかどうかは微妙な気もします。