App Storeで、アプリ『Architecture of Radio App Store』の配信が開始されていたので試してみました。

少し前にデモ動画(下)が公開され、ネット上で話題となったため、目にしたひとも多いかもしれません。

動画だけをみると、目に見えないWi-Fiや携帯通信の電波をスキャンして可視化する、という夢のようなアプリにみえるかもしれません。

しかしながら実際は、Wi-Fiスポットや基地局の位置情報から、電波を「視覚的に表現」したもので、飛んでいる電波をスキャンしている訳ではありません。

アプリを起動すると、基地局・Wi-Fiルーター・通信衛星などのパブリックドメインのデータベースを元に、ユーザーの現在位置からみた「電波のイメージ」を表示します。

コンパスとジャイロを活用し、AR風にかざすだけで視点を変えることができます。
app_edu_architecture_of_radio_1

携帯の基地局はトゲのような細長い三角形、Wi-Fiルーターは三角形、衛星は正方形で表示されます。

画面の中央にある発信源の情報が右下に表示されます。

app_edu_architecture_of_radio_2

空に向けると、静止衛星軌道上にびっしりと人工衛星が連なっているのがみえます。

「MTSAT-2 (ひまわり7号)」の位置も確認できました。

app_edu_architecture_of_radio_3

繰り返しになりますが、実際に飛んでいる電波を捉えている訳ではないため、自宅のWi-Fiルーターにかざしても、データベースに登録されていなければ、出ている電波がみえる訳ではありません。

家の中や職場でのWi-Fiの電波を調べるのであれば、以前紹介した『WiFi SweetSpots App Store』の方が役に立つと思います。

必ずしも実用的ではないものの、ワイヤレスネットワークをイメージしやすくする教育的な目的、または単に美しいビジュアライゼーションを楽しむという意味では、完成度が高い優れたアプリだと思います。

Architecture of Radio App Store
教育:6.2 MB
価格:¥360
開発:Richard Vijgen