iPad Proのチップ「A9X」は、GPUコアが12個搭載されているそうです。

エンジニアリング・コンサルタント会社のChipWorksの分析によると、「Apple A9X」は次のような構成とのこと。

  • CPU デュアルコア
  • GPU 12コア
  • ダイサイズ 147㎟

下の画像の緑の枠がCPU、青の枠がGPUで、それぞれ2個のコアを含むようです。

a9x_gpu_core_12_1

iPad Air 2に搭載されている「A8X」(CPUトリプル、GPU8コア)と比べると、CPUはコアをひとつ減らし、GPUは1.5倍に増えていることになります。

また、iPhone 6s・6s Plusに搭載されている同世代の「A9」と比較しても、GPUコアが倍増されています。

これらの画素数を計算してみると、次のようになります。

  • iPad Pro:2,732 x 2,048 = 5,595,136
  • iPad Air 2:2,048 x 1,536 = 3,145,728
  • iPhone 6s Plus:1,920 x 1,080 = 2,073,600

iPad Proは、画面の大きさに伴い画素数も飛躍的に増加しており、それに見合ったGPU性能が必要だったと考えられます。