LiveMaker App Store』は、iPhone 5s・6・6 Plusで「Live Photos」の撮影を可能にするアプリです。

「Live Photos」は、シャッターの前後の動画と音を写真と共に保存し、撮影時の臨場感をそのまま残すことができる機能です。

本来は最新のiPhone 6s・6s Plusに限定された機能ですが、このアプリを使うとiPhone 5s・6・6 Plusでも「Live Photos」を撮影できます。

アプリを起動すると、Live Photosのギャラリー(サンプル集?)が表示されます。

撮影する場合は画面下のカメラのアイコンをタップ。「Live On」と一瞬表示されるので、これが消えたら撮影できます。

シャッターの前後も録画されているので、カメラを固定してからシャッターを押します。

app_photo_live_maker_1

シャッターを押した後に表示される「Hold for a white」が消えるまで、デバイスを動かさないように注意します。

撮影終了後の画面で写真を長押しすると再生(プレビュー)できます。

思った通りの作品が撮れたら、右上のボタンを押して保存します。

app_photo_live_maker_2

保存したLive Photosは、アプリ内の設定にある「LiveMaker Management」、または標準の「写真」アプリで確認できます。

「写真」アプリで画像の編集を開くと、左上にLive Photosのトグル(オン・オフ)が表示されるので、Live Photosとして保存されていることを確認できます。

app_photo_live_maker_3

なぜか音声が保存されないので、今後のアップデートでの修正を期待したいところです。

また、アプリの説明にある対応機種のリストが正しくなく、iPhone 4s・5では利用できませんでした。

クオリティにやや不安が残るものの、最新機種でなくとも「Live Photos」を体験できるというのは、面白いのではないでしょうか。

LiveMaker – for Live Photos and iOS 9 App Store
写真/ビデオ:1.9 MB
価格:360円 (記事掲載時120円)
開発:Six Second Mobile Inc.