Apple Music」のデフォルトの設定では、試用期間が終了すると自動で更新(課金)が始まるようになっています。この設定をオフにしておくことで、不要な課金を防ぐことができます。

Apple Musicは、月額980円(ファミリーは1,480円)で膨大な楽曲が聞き放題になる音楽配信サービスです。

【リンク】Apple Music – 3ヶ月無料トライアル

登録後はトライアルとして無料で利用できますが、その試用期間が3ヶ月と長く、忘れた頃に自動で課金されていた、という事態にもなりかねません。

以下は登録後にアップルからくるメールからの抜粋:

無料トライアル期間中は請求が発生しませんが、終了時に次の購読期間分(1ヶ月)が自動更新され ¥980 の請求が発生します …
… 現在の購読期間終了の24時間前までに設定をオフにしない限り、購読期間は自動更新されます。

よってApple Musicを使い続けると決心した人以外は、設定をオフにしておいたほうがよさそうです。

 

Apple Musicの自動更新をオフにする方法

自動更新の設定は次の手順でオフにできます。

Step 0.  Apple Musicへの登録がまだの方はこちらからどうぞ。

Step 1. 「ミュージック」アプリ(リンク)を開き、左上のシルエットをタップ

Step 2. アカウントの画面で、「Apple IDを表示」をタップ

how_to_disable_apple_music_auto_renewal_2

Step 3. 「購読」 >「管理」をタップ

Step 4.  「Apple Music メンバーシップ」で、「自動更新」をオフにする(デフォルトはオン)

how_to_disable_apple_music_auto_renewal_3

また、登録後にアップルから送信されるメールにも「購読の管理」へのリンクがあり、こちらから設定画面に入ることもできます。

how_to_disable_apple_music_auto_renewal_1b

Apple Musicへの登録がまだの方は下のリンクからどうぞ。

【リンク】Apple Music – 3ヶ月無料トライアル