Apple Watchを置き忘れても、iPhoneからその場所を探せるようになるかもしれません。

9to5Macが独自に入手したとする情報によると、アップルが「Apple Watchを探す」という機能を開発しているとのこと。

iOS・Mac OSデバイス向けには、離れた場所から位置を特定したり、遠隔操作でデータを消去できる「iPhoneを探す App Store」が提供されており、それと類似した機能が期待されます。

find_my_apple_watch_rumor_1

しかしながら、そもそもApple WatchはiPhoneとの接続が基本となっているため、(既知のWi-Fiなどの場合を除き)離れた場所から操作することができません。

そこでアップルは、Apple Watchからの電波によってiPhoneからの相対的な位置を調べたり、ユーザーがApple Watchを置き忘れたことを感知(予想)して通知するといった「Smart Leashing (スマートリード)」と呼ばれる機能を検討しているとのこと。

情報のソースによると、「Apple Watchを探す」と「スマートリード」の完成には時間がかかるとし、次期モデルで搭載される可能性もあるとのこと。

カバンやポケットからの出し入れが多いiPhoneに比べ、Apple Watchは外出時には常時腕に着けていることが多く、どこかに忘れたり置き引きにあうリスクは少ないはずです。

しかしながら、それなりに高価なデバイスでもあり、紛失時に発見できる機能はぜひとも追加して欲しいところです。