Kickstarterで、iPhone 6をデジカメのように使えるケースを作るプロジェクトが出資者を募集しています。

このカメラ風ケース「SNAP! 6」は、一般的なケースにシャッターボタンとグリップを追加することで、iPhone 6で写真を撮影する際に、より自然に構えてシャッターを切れるというものです。

プロモーション用の動画がこちら。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=HT9I4Y0pbp0]

グリップを追加しながらも、横からみると結構スリムなようです。

bitplay_snap6_iphone6_camera_case_1

iPhone 6のシャッターボタンは、タッチパネルのためフィードバックなく、時に押したかどうか分らないことがあります。

このケースは物理的なボタンにより押したことがわかり、またグリップによりより自然に構えて撮影を行えます。

bitplay_snap6_iphone6_camera_case_2

また、カメラのフードは取り外しでき、代わりに交換式のレンズを取り付けることができます。

bitplay_snap6_iphone6_camera_case

レンズは望遠・広角などが用意される予定。

bitplay_snap6_iphone6_camera_case_3

ストラップホールもあり、携帯性の向上や落下防止などが期待できそうです。

bitplay_snap6_iphone6_camera_case_4

現在Kickstarterで出資者を募集しており、US$35(約3,800円)以上で「SNAP! 6」を入手することができます。

出資のプランは複数用意されており、金額によってレンズやストラップなどが追加されていく仕組み。

気になるのは、映像や写真にコストを掛けているようにみえる割に、ゴール金額がUS$20,000(約218万円)とかなり低めに設定されているところ。

意地悪な見方をすれば、プロジェクト成立ありきでKickstarterは宣伝に使っているだけ、という気もしてきます。

興味のある方はコチラからどうぞ。