アップルが販売しているiPhone 6向けの保護ケース『iPhone 6 Leather Case』を購入してみました。

iPhone 6・6 Plus向けのアップル純正ケースは、シリコン製と革製の2種類があります。

今回は購入したのは革製のモデルで、5色ある中から(PRODUCT)REDバージョンを選択しました。

apple_iphone6_leather_case_1

素材は天然皮革でサラサラとした上質な手触りです。

近づいてよくみると表面に細かな凹凸があり、それが気持ちのよい触感を生んでいるようです。

apple_iphone6_leather_case_2

内側は、iPhone 6へのキズがつくのを防ぐため、スエードのような起毛素材が使われています。

apple_iphone6_leather_case_3

ケースを手にして驚いたのは、その薄さと軽さです。

天然皮革と聞くと「重い」というイメージがありますが、実際計ってみたところ、16.6グラムしかありませんでした。

アップルからは、iPhone 5・5s用にも純正のレザーケースが販売されており、そちらの重さは16.2。

iPhone 6用は、サイズがかなり大きくなっているにも関わらず、重さがほぼ同じなので、軽く感じられるようです。

apple_iphone6_leather_case_4

iPhone 6に装着しみたところ。

純正なだけあり、フィット感は全く問題ありません。

apple_iphone6_leather_case_5

カメラとフラッシュの周りの部分。

かなりギリギリまでケースで覆われていますが、純正品なので映り込みなどの心配は無用なはずです。

黒い縁取りはフラッシュ撮影時の映り込みを防ぐためでしょうか。

apple_iphone6_leather_case_10

iPhone 6は、カメラの出っ張りがちょっと気になるところですが、ケースに入れれてしまえば解決します。

apple_iphone6_leather_case_6

ケースのエッジ部分は画面よりわずかに高くなっています。

落下した場合や画面を下にして置いた場合などに、ガラスを保護してくれそうです。

apple_iphone6_leather_case_7

本体下の部分は、このようにカド以外の部分が露出しています。

コネクタやスピーカー・マイクを覆わないという意味の他に、ホームボタンを押す際にジャマにならないよう配慮したのかもしれません。

apple_iphone6_leather_case_8

側面のスイッチとボタン。

スイッチは奥まっているので爪などを使う必要があります。

ボタンは写真のように覆われているので、少し強く押さないと反応しません。

apple_iphone6_leather_case_9

シルバーのiPhone 6とレッドの組み合わせは正直なところイマイチですが、スペースグレイだとマッチしそうな気がします。

apple_iphone6_leather_case_11

価格は4,800円(税別)。

けっこうなお値段ですが、シリコン製が3,600円(税別)もすること考えると、革製でこの価格はむしろ安いような気がしてくるのは、価格設定の罠にハマっている証拠でしょうか。

Apple公式サイトで購入すると、送料無料で配送してくれます。

【リンク】Apple公式サイトで購入iPhone 6 Leather Case