iPhoneやAndroid端末で気象データを収集できる『Shaka Weather Station』を購入し、試してみました。

エストニアのベンチャー・Shaka社が開発したこのセンサーは、

  • 風速
  • 温度
  • 湿度
  • 気圧

の収集に対応。

これらのデータをスマートフォンのGPSと紐づけて記録することができます。

shaka_weather_iphone_review_1

パッケージを開けると、持ち運び用にネオプレーン製の専用ポーチが付属していました。

shaka_weather_iphone_review_2

大きさは4.5センチ(プラグを除く)、重さは約10グラムと軽量・コンパクトで、ウェザーステーションとしてはおそらく世界最小ではないでしょうか。

バッテリーは内蔵しておらず、イヤフォンジャックからの電力だけで駆動します。

shaka_weather_iphone_review_3

計測しているデータをみるには、無料で公開されている専用のアプリ『Shaka Weather Station & Wind Meter App Store』を利用します。

このアプリがイヤフォン端子から入ってくるセンサーの気象データを解析し、デバイスのコンパスとGPSにより風向・観測地点の情報を追加します。

ユーザー登録を済ませて、センサーを差込んだら、あとは「Start measuring」のボタンをタップするだけで計測が始まります。

shaka_weather_iphone_review_5

台風11号の影響で強い風が吹いている海岸で、実際にセンサーを試してみました。

計測する際は、風上に向かい頭よりやや上に構えることが推奨されています。

shaka_weather_iphone_review_4

計測を始めると、計測値がリアルタイムで表示されます。

それぞれのデータは単位を自由に選択することができます(例:風速はmph・knots・km/h・m/s) 。

「Feels like」という項目は、おそらくWind Chillまたは体感温度だと思うのですが、バグなのか常に気温と同じ値を表示していました。

「Stop」ボタンを押すと計測が終了し、その間の平均値と瞬間最大風速を表示・記録します。

shaka_weather_iphone_review_6

測定データはサーバーに送られ、自分のアカウントに履歴として記録が保存されます。

データは自動または手動で公開することが可能。世界中のユーザー公開しているデータは、下のマップで閲覧できます。

【リンク】Shaka Weather Map

shaka_weather_iphone_review_7

開発のきっかけは、ウィンドサーフィンの初心者だった創設者が、風速を簡単かつ正確に測りたいと思ったことだったそうです。

ウィンドサーフィン・カイトボード・パラグライダー・ヨットといったマリンスポーツに限らず、風や気象条件に影響を受けるアウトドア・アクティビティで利用できそうです。

shaka_weather_iphone_review_8

製品ラインナップは、今回試した「Weather Station for Smartphone」(US$99.90)の他に、風速と温度だけに機能を絞ったモデル(US$69.90)もあります(いずれも送料無料)。

このウェザーステーションは、現在地のデータをスポットで計測するものですが、継続して室内外のデータを観測したい場合は『Netatmo ウェザーステーション』というiOSと連携する製品もあります。

【関連記事】レビュー:台風の接近も記録:スマホと連携するスタイリッシュな気象センサー『Netatmo ウェザーステーション』