アップルが、12.9インチのディスプレイを搭載した「iPad Pro (仮称)」を、2015年初頭にリリースするとの情報が掲載されています。

Bloombergの記事によると、アップルのサプライヤーが、12.9インチ版iPadの2015年第一四半期発売に向け、準備を進めているとのこと。

現在販売されているiPadの画面サイズは、9.7インチ(iPad Air)と7.9インチ(iPad mini)の2種類で、ここにラップトップのサイズ並みの12.9インチ版が追加されることになります(画像はT3のコンセプト動画より)。

bloomberg_129_ipad_rumor_1

順調にセールスを伸ばしているiPhoneに比べ、iPadは成長が鈍化しているとされており、画面サイズにバリエーションを加えることで、これまで取り残してきた市場を狙いにいくという戦略なのかもしれません。

bloomberg_129_ipad_rumor_2

iPadの大型版(俗にiPad Pro)の噂は1年以上前からあるものの、今回はソースがサプライヤー筋とされており、製品化に向け一歩近づいた感があります。

パーツのリークが伴わないため妄信すべきではありませんが、過去の例では息の長い噂は実現する傾向が高く、十分可能性がありそうです。