iPhoneの次期モデル「iPhone 6 (仮称)」に、気圧を計測するセンサーが内蔵される可能性があると報じられています。(image: MacRumors )

9to5Macの記事によると、アップルが開発者向けに公開している「iOS 8 ベータ」に、気圧センサーに関するAPIが含まれているとのこと。

iphone6_barometer_rumor_1

高度の情報はGPSからも取得できますが、精度が低い・取得に時間が掛かる・屋内で使えないといった問題があります。

気圧センサーを併用することで、より精確に高度や上下方向の移動を測定できるようになり、ビル内のナビゲーションや階段の上り下りの計測などにも活用できそうです。

気圧センサーは、Galaxyをはじめとするスマートフォンや『fitbit one』などでも使われており、次期iPhoneに搭載される可能性も十分ありそうです。