アップルが、本日発表した新しいiPhoneから、製品名の表記を変更したようです。

これまでアップルは、「iPhone 3G」「iPhone 3GS」「iPhone 4S」と、数字に続くアルファベットに大文字を使用してきました。

ところが突如これを変更し、「iPhone 5s」と「iPhone 5c」というように、アルファベットに小文字を使う表記となったようです。

また、継続して販売される「iPhone 4S」も、現在は「iPhone 4s」との記述になっています。

アップルのウェブサイトでは既に、小文字の表記に統一されており、なんらかのポリシーの変更があったものと思われます。

英語では「iPhone 5」の複数形「iPhone 5s」と混同しそうな気がしますが、どのような理由・背景があるのか気になるところです。

永く大文字が使われてきたこともあり、ウェブサイトや出版物などでも、しばらくの間は混乱および誤表記がみられることが予想されます。

iPhone 5s・5cは、これまでのソフトバンク・KDDIにNTTドコモを加えた3社で、9月20日(金)から発売されます。

【追記】3社ともiPhone 5cのみ9月13日(金)16時から予約の受付を開始するそうです。