iPhone 5S(仮称)で追加される新色「グラファイト」のパーツを撮影した動画が掲載されています。

iPhoneの次期モデル「iPhone 5S」では、以前から噂となっている「ゴールド(またはシャンパン)」に加え、グレー調の「グラファイト」も登場するといわれています。

大きく取り上げられた「ゴールド」に比べ、地味なためからあまり話題とならない「グラファイト」ですが、今回掲載された動画でバックパネルのパーツをみることができます。

iphone5s_graphite_video_1

下はゴールドとグラファイトのパーツを重ねたところ。

iPhone 5Sのデザインは、現行モデルをそのまま引き継ぐとされています。

数少ない外観上の違いのひとつは、デュアルフラッシュを採用したことにより、フラッシュ用の穴が縦長になっている点です。

iphone5s_graphite_video_2

下の画像は、左からiPhone 5の「ブラック&スレート」、iPhone 5Sの「ゴールド」と「グラファイト」を並べたもの。

iPhone 5Sは、この3つにiPhone 5の「ホワイト&シルバー」を加えた計4色となるという説が有力なようです。

iphone5s_graphite_video_3

色の系統が似ている「ブラック&スレート」と「グラファイト」ですが、並べるみると、かなり色味が違うことがわかります。

「グラファイト」のアップルロゴとエッジはシルバーのように見えるため、カラーの名称は「グラファイト&シルバー」となることも考えられます。

iphone5s_graphite_video_4

実際の動画がこちら。

iPad miniの第2世代のパーツもオマケで登場します。

iPhone 5Sは9月10日(日本時間翌11日未明)の発表が予想されています。