iPadの次期モデル「iPad 5 (仮称)」のバックパネルを撮影したとされる画像が公開されています。

これまでに伝えられている情報によると、「iPad 5」はiPad miniのデザインを踏襲し、横幅が狭くかつ薄くなるとされています。

今回流出した画像もそれを裏付けており、一目見て縦長になっていることがわかります。

サイズは240×168(ミリ)とされ、現行のiPad Retinaディスプレイモデル(241.2 x 185.7)よりも、約10%スリムになる計算です。

ipad5_backpanel_leak_aug_1

パーツをよく見ると、ネジ穴やカメラレンズのカバーなども確認でき、バックパネルのパーツとしてほぼ完成した製品のようです。

ipad5_backpanel_leak_aug_2

側面からみた写真では、角のアール・分離したボリュームボタン・単結晶ダイヤモンドでカットされたエッジなど、iPad miniの特徴がそのまま受け継がれていることがわかります。

ipad5_backpanel_leak_aug_3

ドックコネクタの両脇にはスピーカーグリルが配置され、iPad miniと同じくステレオ化されるようです。

ipad5_backpanel_leak_aug_4

肝心の厚さについての測定値が無いのが残念ですが、画像を観る限り現行よりも薄くなることは確実と思われます。

グラフィクスに負荷が重いRetinaディスプレイは、大容量のバッテリーを必要とします。

iPad 5では、プロセッサーやディスプレイの改良により、スリム化および薄型化によるバッテリー容積の減少を補うだけの省電力化が実現されるのかもしれません。