フランスのWithingsが、iPhoneなどと連携する活動量計「Pulse」を発表しています。

同社は、2009年にWi-Fi対応のヘルスメーターを他社に先駆けて発売。iPhoneアプリとのシームレスな連携で人気を集めました。

今回発表された「Pulse」は、センサーによりユーザーの運動量や睡眠を記録するというアクティビティ・トラッカー(活動量計)です。

[youtube http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=32lkdl_jQVo]

この分野では既に、Jawbone・Nike・Fitbitなどが参入済みですが、この「Pulse」はその名のとおり心拍数を計測する機能がついているのが特徴。

本体裏側にあるセンサーに指先を当てると、心拍数を表示・記録することができます。

withings_puluse_1

OLEDのディスプレイを搭載し、バッテリーの駆動時間は約2週間とやや長め。

記録された情報は、BluetoothでiOS/Androidの端末とワイヤレスで同期。公開されている体重計用のアプリで、一括して管理することができます。

withings_puluse_2

装着方法は、ポケットの中または付属のクリップのどちらかを選択でき、睡眠の記録はリストストラップを使用。

このあたりは、同じ非リストバンド型のFitbitとよく似ています。

withings_puluse_3

発売に若干の出遅れ感が否めないものの、Withingの体重計を持っているユーザーにとっては、1つのアプリで一元管理できるのは魅力かもしれません。

海外で先行して発売され、しばらくしてから国内でも発売されることが予想されます。