シャープが、iPhoneの時期モデル「iPhone 5S(仮称)」向けの液晶パネルの量産を、来月6月から開始すると報じられています。[source: 日刊工業新聞

記事によれば、シャープは5月の連休から、アップルのスマートフォン用専用の亀山第1工場で、来月に開始される量産のための準備に着手したようです。

同工場では、年初から稼働率が落ち込み業績悪化の一因となってきましたが、iPhone 5S用パネルの量産によって月600万台規模のフル生産に達する見込みとのこと。

また記事では、iPhone 5Sのディスプレイは現行モデル(iPhone 5)と仕様が近く、シャープの他にもジャパンディスプレイ・LGの合計3社が受注。既に量産に着手した企業もある、としています。

sharp_iphone5s_display_1.jpg

 

 

これまでの情報・噂でも、次期モデルはiPhone 5Sのデザインを踏襲したものになると予想されており、ディスプレイの仕様が近いことも頷けます。

より注目されるのは量産のタイミングで、既に着手した企業があるとすれば、発売時期が秋ではなく夏である可能性も考えられます。

一方で、5Sに搭載されるとされる指紋読取りセンサーの製造上の問題により、発売時期が秋へとずれ込むとの情報もあります。

各パーツの生産が始まるにつれてこの種の情報が増えてくるはずなので、今後のニュースに注目したいところです。

iPhone 5Sに関するこれまでの情報は、下の関連記事からどうぞ。