cheeroから発売されているスティックタイプのモバイルバッテリー『cheero Stick
』を購入してみました。

cheeroといえば、iPhoneを5回フル充電できる『Power Plus 2
』(写真手前)などの大容量かつリーズナブルなバッテリーがよく知られています。

【関連記事】レビュー:人気の大容量バッテリーの後継モデル『cheero Power Plus 2』

大は小を兼ねるとはいえ、重さが約300グラムもあり、通勤・通学などので持ち歩くには重すぎると感じるかもしれません。

今回購入した『cheero Stick
』(写真奥)は、容量をiPhoneやスマートフォンを約1回充電できる程度に抑え、携帯に便利なサイズおよび軽さ(約82グラム)の製品です。

cheero_stick_review_8.jpg

製品名にあるとおりでスティック型のデザインをしています。

本体は梨地加工が施されたアルミ製で、価格の割に安っぽさを感じさせません。

cheero_stick_review_1.jpg

パッケージには、本体の充電およびデバイスの給電に使えるmicroUSB-USBケーブルが付属します。

cheero_stick_review_2.jpg

出力端子はUSBで様々なデバイスの充電に利用できます。

出力は1Aあり、iPhoneの急速充電にも対応しています。

cheero_stick_review_3.jpg

こちらは本体を充電するためのmicroUSBポート。

フル充電には3〜4時間程度かかるようです。

cheero_stick_review_4.jpg

本体の電源ボタン押すと、3つのLEDで電池の残量を確認できます。

cheero_stick_review_6.jpg

microUSB以外のデバイスへ給電する際は、別途ケーブルを用意する必要があります。

下の写真は、このバッテリーの携帯性を生かすべく、以前レビューを掲載した短いLightningケーブルを使っているところ。

【関連記事】レビュー:アップルの認証済み〜長さ10センチのLightning-USBケーブル『Logitec LHC-UAL01WH』

cheero_stick_review_7.jpg

カラーバリエーションは、「シャンパン」と「サクラ」の2色。

女性のカバンに入っていても違和感がなさそうです。

cheero_stick_review_9.jpg

コンパクトながら容量は2,600mAhあり、完全に放電したiPhone 5を約1.2回充電することができました。

一般的なiPhoneユーザーならば、このバッテリーで丸一日思う存分使えるのではないでしょうか。

実売価格も1,900円(税・送料込)とリーズナブルなので、普段使い用のバッテリーをお探しの方におすすめします。

記事に登場したアイテム