iphone5s_iphone5p_july_rumor_0.jpg

アップルが、iPhoneの次期モデル「iPhone 5S (仮称)」と共に、プラスチック筐体のiPhoneを7月に発売するとの情報が掲載されています。[source: MacRumors

記事によると、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が、最新のレポートでアップルがiPhone 5S・プラスチック筐体のiPhoneおよびiOS 7を2013年6月に発表すると予想しているとのこと。

同氏はアップル製品の情報ソースとして信頼度の高いアナリストで、過去にも未発表の製品を正確に予測している経歴があるとされています。

レポートによると、これら2つの新モデルは5月にも生産を開始し、6月の発表を経て7月に発売、というスケジュールになるようです。

iPhone 5Sは「Apple A7」チップを搭載し、Smart Flashまたは白色・黄色のフラッシュが追加されるとのこと。

また、廉価版とされるもう一方のモデルは、現行のiPhone 5とほぼ同じスペックで、筐体のみプラスチックとグラスファイバーへと変更。カラーモデルも登場すると予想しています。

2つのモデルのスペックを比較した表がこちら。

iphone5s_iphone5p_july_rumor_1.jpg

順当な進化を遂げるiPhone 5Sよりも、やはり注目すべきは廉価版とされるプラスチック(とグラスファイバー)製のiPhoneで、部品コストで$60(約5,600円)ほど価格を抑えることができるようです。

海外のメディアから国内へと目を向けると、独自の情報網を持つ「Macお宝鑑定団」が、この廉価版iPhoneに関して、

  • 艶のあるポリカーボネート製
  • カラーモデルの可能性
  • 液晶やボタン類のサイズはiPhone 5と同じ
  • iPhone 5より若干厚め

といった情報を掲載。今回のレポートのほぼ一致しており、いよいよ信憑性が高くなってき感があります。

生産が始まるとされる5月にかけ、パーツやケースなどがリークしはじめると予想されるため、今後の情報が注目されます。