ilid_wallet_case_iphone5_0.jpg

スペックコンピュータから発売された、収納スペースがついたiPhone 5用のケース『iLID Wallet Case for iPhone 5
』を購入、試してみました。

元々は、iPhoneのケースに財布としての機能を持たせるというアイデアで、Kickstarterのプロジェクトとしてスタート。

iPhone 4・4S用が実際に製品化され、その後iPhone 5向けに開発・改良されたのがこの製品です。

ilid_wallet_case_iphone5_1.jpg

「Lid (フタ)」という名前のとおり、ケースの背面側に蓋付きの収納スペースを備えています。

クレジットカードなどが入るスペースや、紙幣などを挟んでおける金属製のマネークリップに加え、カギやどの薄い小物を収納する場所も用意されています。

ilid_wallet_case_iphone5_2.jpg

本体を横からみたところ。

ケースの厚さは収納スペースのお陰で約15ミリもあり、iPhone 5(厚さ7.6ミリ)の約2倍もあります。

ilid_wallet_case_iphone5_3.jpg

実際にお財布代りになるのか実証するため、このケースだけで1日過ごしてみることにしました。

収納付きとはいえ、財布の中身が全て入るほどのスペースは無いため、「断捨離」して以下のアイテムを厳選:

  • お札:3枚
  • クレジットカード
  • nanaco (セブン&アイ系電子マネー)
  • Suica (交通系非接触電子マネー)
  • 干渉防止シール

ilid_wallet_case_iphone5_5.jpg

上記アイテムを収納したのが下の写真。

カード用のスペースは2枚まで収納でき、ツメで抑えているので簡単に落ちてしまうことはありません。

クレジットカードとnanacoで定員オーバーなので、Suicaと干渉防止シートはマネークリップで押さえることにしました。

ilid_wallet_case_iphone5_0.jpg

普段は、iPhone・財布・キーチェーンの3点セットを携帯していますが、無理矢理(?)これひとつで一日外出してみました。

ジーンズの前ポケットに入れたところ、いつもよりかなり厚みが増し違和感がありました。

Suicaは干渉防止シートのおかげで改札・売店での支払ともに問題なし。

お札はピッチリと折らないと入らないので、出し入れが若干面倒なことは否めません。

ilid_wallet_case_iphone5_6.jpg

持ち歩くものをひとつにできるのは便利ですが、アイテムを絞らなければいけないため、日常的に使うのは厳しい印象です。

しかしながら、例えばゲレンデやプールサイドなど、貴重品をあまり持ち歩きなくないシーンでは、わりと重宝するかもしれません。

価格は2,980円(税込)で、4色のバリエーションがあります。

関連アイテム